車中泊での換気は、空気清浄機や扇風機などを使って快適空間に。

車中泊

車中泊のときに、においや湿気が残っているなと感じたことがある人は少なくないはず。車は密閉度が高く、しっかり換気をしないと空気がこもりがちになります。今回は、筆者が車中泊をするときに使用している、おすすめのグッズを紹介します。DIYが苦手な人でも、グッズを活用すればしっかりと換気できます。効率的な換気の方法も紹介しているので、車中泊の換気で悩んでいる人は必見です!

スポンサーリンク

車中泊でも換気が必要な理由

「車中泊でも換気って必要なの?」と思っている人のために、まずは車中泊で換気をした方が良い理由をお伝えします。車は密閉度が高い空間なので、空気がこもりがち。そのため、快適に車中泊をするためには換気がとっても重要です。

車中泊でも換気が必要な理由【1】:寝具や衣類の生活臭対策

車中泊は生活臭が発生しやすいです。

車中泊で換気をする1番の理由は、寝具や衣類から発生する生活臭対策です。

車は密閉度が高く、狭い空間なので、1~2泊の車中泊でも生活臭が漂ってきます。
特に寝袋やマットレスなどの寝具や、インナーなどの衣類からの生活臭は気になりやすいです。

私が初めて車中泊の連泊をしたときは、こまめに換気をしていたつもりでしたが、車外から帰ってきたときには生活臭を感じたことがあります。

快適に車中泊をするために、生活臭対策として換気は必須です。

車中泊でも換気が必要な理由【2】:食べ物臭対策

食べ物のにおいだけでなく、包装紙などのゴミにも注意。

車中泊での換気は、食べ物のにおい対策としても必要です。
特に車内で料理をする人は、料理中のにおいが壁や天井に残ってしまう場合もあるので要注意。

また、食べ残しや包装紙など、食後に出るゴミもにおいの元です。
キャンプ場やRVパークであればゴミの回収サービスがありますが、それ以外の場所では、すぐにゴミを処理できないことも。

ゴミは可能な限りこまめに処分しつつ、換気もして食べ物のにおいが残らないように工夫しましょう。

車中泊でも換気が必要な理由【3】:湿気や熱気への対策

夏は湿気と熱気との戦いです。

においだけでなく、車内には湿気や熱気もこもりやすいです。
特に梅雨や夏場は、湿気と暑さがまとわりつき、なかなか眠りにつけないこともしばしば。

車中泊ではしっかりと換気をして、少しでも湿気や暑さをやわらげましょう。

スポンサーリンク

DIYが苦手な人におすすめの、車中泊での換気グッズをご紹介

DIYで車用の換気扇を作る人は多いようですが、私はDIYが苦手なので、文明の利器に頼っています。DIYが苦手な人もそうでない人も、ぜひ参考にしてみてくださいね。

車中泊におすすめの換気グッズ【1】:扇風機・サーキュレーター

筆者のインスタグラムより。

車中泊におすすめの換気グッズの1つ目は、扇風機・サーキュレーターです。

扇風機     :人が涼をとるためにやわらかい風を起こすもの。
サーキュレーター:空気を循環させるために直線的な風を起こすもの。

車が停まっている場合、窓を開けているだけでは、あまり風は入ってこないものです。
そのため、扇風機やサーキュレーターを使って、効率よく換気をしましょう。

車内の換気を一番の目的とする場合、サーキュレーターの直線的な風を使い、しっかりと空気を動かすのがおすすめです。

ただ、大きなバンでない限り、扇風機のやわらかい風でもある程度は換気をすることはできます。
また、夏の車中泊で、直接風にあたって暑さをやわらげたい場合は、扇風機を選ぶようにしましょう。

最近は、扇風機としてもサーキュレーターとしても使えるものが増えているので、どちらか迷った場合は兼用のものを選ぶのもアリです。
ご自身の目的に合ったものを選んでくださいね。

写真に写っている扇風機は、クレイモアの『CLAYMORE FAN V600+』です。
クレイモアファンは、4段階の風量調節で扇風機としてもサーキュレーターとしても使える優れもの。
また、オフタイマー付きなので、夜中につけっぱなしにしても、冷え過ぎ防止になります。
かなり高性能な扇風機兼サーキュレーターなので、これから購入予定の人にはおすすめです!

車中泊におすすめの換気グッズ【2】:車用網戸

車用網戸も、換気には必須のグッズです。

車中泊におすすめの換気グッズ2つ目は、車用網戸です。

換気をするには車の窓を開ける必要がありますが、夏場であれば虫が入ってきて不快な思いをしてしまう場合も。
虫が苦手な車中泊キャンパーであれば、車用網戸を持っておくことを強くおすすめします。

車用網戸は、車内から取り付けるものや、車のドアにかぶせるタイプのものがあります。
どちらのタイプでも取り付けは簡単なものが多いので、ご自身の車のサイズに合ったものを選ぶようにしましょう。

車中泊におすすめの換気グッズ【3】:車載用空気清浄機

コンパクトで高性能な車載用空気清浄機です。

車中泊におすすめの換気グッズ3つ目は、車載用空気清浄機です。

最新の車載用空気清浄機は、においの除去効果が高く、食べ物臭や生活臭をしっかりと取り除いてくれます。
ポータブル電源とあわせて使えば、寝ている間にも稼働させることができ、車中泊のにおい対策にはピッタリです。

また、車載用空気清浄機はコンパクトなものが多く、ドリンクホルダーに収まるタイプのものも。
かさばらず置き場所に困らないので、キャンプのときにはテント内での使用も◎。

車中泊キャンパーには必須のグッズと言えるでしょう!

私が使用している車載用空気清浄機は、シャープの『IG-MX15』です。
IG-MX15は、6大付着臭(カビ臭・汗臭・体臭・食べ物臭・たばこ臭・ペット臭)を消臭してくれる優れもの。
また、従来のプラズマクラスター製品に比べイオン濃度が向上しており、消臭効果のアップや、運転時のストレス軽減・集中力維持をサポートする効果があるとのこと。
かなり使い勝手が良い空気清浄機なので、おすすめですよ。

車中泊におすすめの換気グッズ【4】:ポータブル電源

筆者のインスタグラムより。

直接換気を行うグッズではありませんが、ポータブル電源も持っておくと便利なグッズです。

ここまで紹介した扇風機やサーキュレーター、車載用空気清浄機は、電源を必要とします。
扇風機やサーキュレーターは、バッテリー内蔵のものが増えていますが、連泊のときや一晩中使う場合は、途中で電源が切れてしまう可能性も。

また、車載用空気清浄機は、車のシガーソケットから電源をとるタイプが多く、エンジンを切っている間は使えません。

そのため、ポータブル電源を用意して、充電を気にせず換気グッズを使える状態にしておくことをおすすめします!

車中泊では、扇風機やサーキュレーターを使って効率的な換気をしましょう。

停まっている車には、窓を開けているだけではあまり風が入ってこないものです。ここでは、扇風機やサーキュレーターを活用した、効率的な換気の方法をお伝えします。

車中泊での効率的な換気【1】:窓を開けているとき

青矢印:扇風機の風  緑矢印:外からの風

まずは、窓を開けているときの換気方法についてです。

外が無風の場合、窓を開けていてもなかなか風が入らず、スムーズに換気ができないことがあります。
そんなときは、開けた窓に向けて風を送りましょう

開けた窓に向けて風を送ることで、車内にこもった空気が外へ出され、外の空気を取り入れやすくなります。
このとき、写真のように反対側の窓も開けておくと、外の空気が入ってきやすいです。

この方法は、車内で料理をするときや、空気を素早く入れ替えたいときにおすすめです。

車中泊での効率的な換気【2】:窓を閉めているとき

荷台の奥から手前の天井に向けて、風を送っています。

続いては、窓を閉めた状態での換気についてです。

窓を閉めた状態での換気は、においを除去する効果は低いですが、車内の空気を循環させたいときにおすすめ。
雨が降っているときや、サービスエリアなどで外がうるさいときなど、窓を開けられない状況での車中泊で効果を発揮します。

方法は、扇風機やサーキュレーターを車内の隅に置き、対角の天井の角に向けて風を送ります。
このように配置することで、窓を閉めた状態でも、車内の空気が循環され快適に過ごすことができます。

湿気が多い日や暑い日には、車内の空気を循環させるだけでもだいぶ快適になるので、ぜひ試してみてくださいね。

車中泊での効率的な換気【3】:キャンプ中はバックドアを開けて一気に換気

バックドアを開ければ一気に換気できます。

日中にキャンプをするときは、バックドアを開放して一気に換気をするチャンス。

バックドアは車のドアの中で一番大きい開口部。
バックドアを開けるだけで、多くの風を車内に取り込めます。

連泊でこもりがちな空気も、一気にスッキリさせることができますよ。

ただし、バックドアを開けて長時間換気をするときは、キャンプ場や河原など、レジャーを楽しめる場所で行いましょう

道の駅やサービスエリアなどは、あくまでも休憩のための駐車スペースです。
駐車スペースに椅子やテーブルを広げて休憩をするのはマナー違反なので、絶対にやめましょう。

車中泊だけでなく、運転中の換気も気にしてみよう。

意識したことがない人も多いかもしれませんが、運転中の換気も推奨されています。運転中の換気について、内気循環と外気誘導の使い分けに触れながら、ご紹介していきます。

内気循環と外気導入はどう使い分けるの?

内気循環と外気誘導の使い分けも大事です。

ほとんどの車についている「内気循環」「外気誘導」の切り替えボタン。
ほとんどの車の説明書には「通常は外気誘導でご利用ください」と書かれています。

内気循環:屋外の空気を取り入れず、室内で空調風の循環を行うモードのこと。
外気誘導:屋外の空気を取り入れ換気を行うモードのこと。

外気誘導が推奨されている理由は、内気循環で長時間利用すると、車内の二酸化炭素濃度が上昇してしまうからです。

JAFの実験によると、市街地を内気循環と外気誘導で走った車を比較したところ、外気誘導に比べて内気循環の二酸化炭素濃度は約5.5倍も高かったとのこと。

また、内気循環の車の二酸化炭素濃度は、疲労感の増加や注意力の低下が現れるとされている二酸化炭素濃度の、2倍以上を記録

安全運転のためには、外気誘導を利用して、車内の二酸化炭素濃度が上がりすぎないよう注意する必要があります。

ただし、トンネル内は排気ガスがたまっていることが多く、外気誘導にしていると二酸化炭素や一酸化炭素の濃度が一時的に高まってしまうようです。
また、夏や冬など、車内と外気の気温差が大きい場合、外気誘導ではエアコン効率が悪くなることも。

そのため、トンネル内の走行や、エアコンで車内の温度を素早く変えたいときは内気循環、それ以外の場合は外気誘導、といった使い分けがおすすめです。

外気誘導では外のにおいや花粉が気になっちゃいますよね。

足柄の杉林。

「外気誘導にすると、排気ガスのにおいや花粉が気になる」という人も少なくないはず。
何を隠そう、私もその1人でした。

そんな人には、前述した車載用空気清浄機がおすすめ。

車載用空気清浄機は、ある程度のにおいであれば素早く除去してくれます。
そのため、外気誘導にしておいても、案外快適に過ごせます。

また、車載用空気清浄機には、花粉キャッチフィルターが付いているものも多く、花粉の時期でも安心して換気を行えます。

においが強い場所やトンネル内では、車載用空気清浄機を稼働させていてもさすがににおいが気になりますが、試す価値アリですよ。

車中泊でも換気は必須!

私の換気グッズたち。

今回は車中泊の換気についてお伝えしました。

快適な車中泊を過ごすためには、寝袋やマットレス、LEDランタンなどのキャンプグッズだけでなく、換気も大事な要素。

今回の記事を参考に、換気をしっかりして、快適な空間で車中泊を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました