日産の軽自動車『NV100クリッパー』で車中泊!軽バンは荷室が広くて超快適

車中泊

内装のDIYやバンライフでの日本1周など、車中泊界隈で人気の車種である『軽バン』。エクストレイルt31で車中泊をしていた筆者も、2022年3月から日産の軽バン『NV100クリッパー』に乗り換えました。今回はNV100クリッパーの車中泊レビューや、軽バンと車中泊の相性の良さ、さらにはエクストレイルから乗り換えた理由などをお伝えしていきます!

スポンサーリンク

日産の軽バン『NV100クリッパー』とは

403 Forbidden

まずは、NV100クリッパーについてご紹介します。

NV100クリッパーは、日産が販売する軽の商用車。いわゆる『軽バン』と呼ばれるタイプの車です。

車には『OEM車』という、他社で製造された車を自社で販売する車があります。NV100クリッパーは、販売開始から2013年11月までは三菱の『ミニキャブワン』、2013年12月から現在はスズキの軽の商用車『エブリイ』のOEM車として販売されています。

筆者が購入したNV100クリッパーはミニキャブワンのOEM車。現行のNV100クリッパーと異なる点はありますが、軽バンでの車中泊を検討している人にとって参考になる記事ですので、ぜひ最後までご覧ください!

スポンサーリンク

NV100クリッパーでの車中泊の方法

後部座席の畳み方

NV100クリッパーで車中泊をするときには、後部座席を倒して荷室の床をフラットにします。

筆者が使用しているNV100クリッパーは、後部座席が一体となっているタイプ。一体型の後部座席は、座り心地はイマイチですが、フラットな床を作れるので車中泊向きです。

一方、後部座席が独立しているタイプは、一体型と比べると乗り心地は良いのですが、座席を倒したときに若干の段差ができてしまいます。

そのため、NV100クリッパーでの車中泊を検討している人は、後部座席が一体型のものがおすすめですよ!

荷室の広さが最大の魅力

身長176cmの筆者でも広々使えます!

NV100クリッパーの最大の魅力は荷室の広さ。筆者が使用しているNV100クリッパーは、荷室フロア長1,935mm・荷室幅1,370mm・荷室高1,230mmと広々空間です。

筆者は身長176cmで、以前乗っていたエクストレイルt31では、荷室に座ると頭が天井に当たっていました。

エクストレイルの荷台では頭が天井に当たっていました。

NV100クリッパーに乗り換えてからは、余裕をもって座ったり横になったりできています。

また、現行のNV100クリッパーは、荷室フロア長1955mm・荷室幅1385mm・荷室高1240mmと、旧型よりもさらに広々

これだけの空間があれば、窮屈な車中泊とは無縁。さらに、天井収納やベッドキットの取り付けなど、車内をカスタムする余裕もあります。

手動の窓開閉は車中泊向き

手動の窓開閉は車中泊向き。

筆者のNV100クリッパーは、手動で窓を開閉するタイプです。「窓の開閉が手動とか不便!」と感じる人もいるかもしれませんが、車中泊ではおすすめポイントになります。

車内の換気をしたいとき、パワーウィンドウ(ボタンを押して開閉する窓)では窓を開け閉めする度にエンジンをかける必要が。荷台で過ごしている場合、運転席まで移動してエンジンをかけ、窓を開け、またエンジンを切る…と手間がかかります。

一方、手動で開閉できる窓であれば、エンジンをかけることなくすぐに換気ができます

ちょっとした違いではありますが、いざ車中泊をしてみるとこのひと手間を省けるだけでとても快適に過ごせます。

なお、車のグレードによっては後部座席がパワーウィンドウとなっているものも。手動開閉の窓を希望する場合は、グレード選びに注意してくださいね。

金属むき出しの内装も工夫次第で利点に

内装は工夫次第で便利に!

NV100クリッパーに限らず、商用車である軽バンの内装は、車体の金属がむき出しになっています。「商用車感が強くてなんか嫌だ…」と感じる人もいるでしょうが、ここにも車中泊を快適にするヒントが。

それは、金属を利用して好きな場所にマグネットを取り付けられること。

筆者はマグネットフックを取り付け、ランタンを引っかけています。また、SNSで車中泊に関する投稿をチェックすると、マグネットでカーテンや有孔ボードを取り付け、DIYを楽しんでいる様子を見られます。

乗用車にはない、商用車ならではの特徴なので、DIY好きの人にとっては魅力かもしれませんね!

見た目の商用車感も捉え方次第

筆者のインスタグラムより。かながわのキャンプ場『リッチランド』にて撮影。

NV100クリッパーは内装だけでなく、外見も商用車感が強いです。見た目にもこだわりたい人は気になってしまうかもしれません。

見た目が気になる人は、同じく日産の『NV100クリッパーリオ』も検討してみましょう

NV100クリッパーと同程度の室内の広さを確保しつつ、乗用車であるため乗り心地も◎。ボディカラーは5色あり、特にクールカーキはアウトドアに馴染む色合いです。

403 Forbidden

また、軽バンで見た目にもこだわりたい人は、ダイハツの『Nバン』がピッタリ

Nバンの『+STYLE FUN』は、商用車には見えないポップな外観。ボディカラーが8色と豊富な点も見逃せません。

NV100クリッパーと比べると荷室が狭くはなりますが、見た目と使い勝手を両立したい人にとっては、有力な選択肢になりますよ。

Honda N-VAN 公式情報ページ
はたらき方も暮らしも広がる軽バン、Honda N-VANの公式情報ページです。大容量の荷室を使いこなせるダブルビッグ大開口、全タイプ標準装備のHonda SENSING、使う人の個性に応えるボディーカラーなど、さまざまな魅力をご紹介します。

4WD車であれば雪道も安心

筆者撮影

NV100クリッパーは4WD車を選べることも魅力の1つ。冬のキャンプやレジャーが好きな人の中には、4WD車を好む人が多いのではないでしょうか。

ただし、窓の開閉と同様で、グレードによっては4WD車ではない場合も。4WDのNV100クリッパーを購入したい人は、事前のチェックは必須です。

『維持費の安さ』がNV100クリッパーに乗り換えた最大の理由

維持費の安さは軽バンの大きな魅力。

ここまでNV100クリッパーの魅力について語ってきましたが、ここで筆者がエクストレイルt31からNV100クリッパーに乗り換えた理由をお伝えします。

筆者が乗り換えた最大の理由は、軽バンの維持費の安さです。

前述した通り、NV100クリッパーなどの軽バンは軽の商用車。正確には『小型貨物自動車』という分類で、4ナンバー車と言われることもあります。

4ナンバーの軽自動車では、年間にかかる自動車税はなんと5,000円(初年度登録から13年経過した場合は6,000円)。筆者が以前乗っていた日産『エクストレイル』の自動車税は39,500円であったため、その差は34,500円にもなります。

また、通常4ナンバー車は初年度登録から2年後に初回の車検、その後は毎年1回の車検を受ける必要があります。しかし、軽の4ナンバー車であれば、初回の車検後も2年に1回の頻度で済みます。

毎年かかる自動車税の安さや、2回目以降の車検が普通車と同じ頻度で済む軽バン。車の維持費を安く抑えたい人は、NV100クリッパーなどの軽バンに乗り換えるのもアリですよ。

床の凹凸は少し気になる

カバーをめくると凹凸があります。

NV100クリッパーは、後部座席を倒せば水平な床を確保できるのですが、カバーをめくると凹凸が。床に直接座ると、この凹凸が気になってしまう人もいるかもしれません。

筆者が車中泊をした感想としては、キャンプ用のマットを使用すれば、凹凸は気になりませんでした

筆者が使用しているマットは、シートゥーサミットの『キャンプマットS.I』。厚さは3.8cmのウレタンフォーム入りのマットです。

キャンプ用のマットや厚手のクッションを使用すればある程度解消できるので、ご自身に合った方法で解消してみてくださいね。

また、軽バンに関するYouTubeやSNSを見ていると「床のフラット化」をテーマにしたコンテンツが多数見られます。

ただし、荷台にはバッテリーの取り出し口が

荷台にはバッテリーの取り出し口が。

床のフラット化をする場合、バッテリー交換のときにすぐに対応できるような方法で行うことが望ましいと考えられます。

上り坂や高速道路での走行性能はウィークポイント

上り坂や高速道路ではパワー不足を実感。

NV100クリッパーのウィークポイントは走行性能。特に、高速道路や上り坂でのパワー不足は否めません

走行性能が気になる人には、ターボエンジン搭載のグレードがおすすめ。近年のターボエンジン搭載の軽自動車は、上り坂や高速道路でもかなりのパワーを発揮してくれます。

複数人で乗ることが多い人や、多くのキャンプギアを積む人などは、ターボエンジンを検討するのもアリですよ。

現行のNV100クリッパーならスズキ『エブリイ』の純正品にも注目

スズキ 四輪アクセサリーカタログ | スズキ
スズキ 四輪車の購入サポートページです。

前述した通り、現行のNV100クリッパーはエブリイのOEM車。そのため、エブリイの純正品の一部をそのまま使用できます。

スズキは車中泊にも力を入れており、純正品の車中泊グッズが充実。サンシェードやクッションといった車中泊グッズや、カーサイドタープなどのキャンプグッズまでバリエーション豊富です。

スズキの公式ホームページでは車中泊を特集したページもあるので、参考にしてみてくださいね。

日産の軽自動車『NV100クリッパー』は車中泊に最適! 荷室の広さや維持費の安さなど魅力たっぷり

筆者のインスタグラムより。

今回は日産の軽自動車『NV100クリッパー』での車中泊についてお伝えしました。

NV100クリッパーは、荷室の広さやフラットな床など、車中泊にピッタリな要素がたくさん。維持費の安さも見逃せないポイントです。

NV100クリッパーに限らず、軽バンでの車中泊を検討している人は、今回の記事を参考に最適な1台を見つけてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました