【ポータブル電源】「Jackery (ジャクリ)ポータブル電源700」は使い勝手抜群! 1台あれば快適なキャンプ時間が手に入る

キャンプギア

快適なキャンプを過ごす方法の1つとして、ポータブル電源をキャンプサイトに持ち込んでいる方も少なくないのではないでしょうか?
今回レビューするポータブル電源は「Jackery ポータブル電源700」
カッコ良いデザインが特徴的で、SNSで見かけたことがある方も多いかもしれませんね!
この記事では私が車中泊キャンプで使用して感じた使い勝手の良い点や、購入前に検討しておきたい点をまとめました!
初めてポータブル電源を購入する方や、追加で購入したい方の参考になれば幸いです!


「Jackeryポータブル電源700」のスペックをチェック! 車中泊好きには嬉しい車載用充電シガーソケットも付属

同梱物は取扱説明書、ACアダプター、車載用充電シガーソケット、コード類の収納ケースです。

容量    :700Wh
定格出力  :500W
瞬間最大出力:1000W
充電温度  :0℃~40℃
動作温度  :-10℃~40℃
サイズ   :幅299.7×奥行192.9×高さ191.5mm
重量    :6.3kg

Jackeryは2012年にアメリカで創業され、主にアウトドア用電源の開発・提供を行っている企業。
創立メンバーにAppleの元バッテリーエンジニアが加わり、2015年には世界で初めてリチウムポータブル電源を開発するなど、高い技術力が魅力の企業です。
また、「地球環境の保全に貢献する」という企業理念のもと、「エコな電力時代」を実現する企業として信頼を得ています。

Jackeryには容量が240 Wh、400 Wh、700 Wh、1000 Whと4種類のポータブル電源が用意されていますが、今回レビューするのは「Jackeryポータブル電源700」
「Jackeryポータブル電源700」はその名の通り容量は700Wh。
スマートフォンは約68回、パソコンは約10回、カメラは約30回の充電が可能で、キャンプや車中泊には安心の大容量です。
また、Jackeryのポータブル電源の中でも700Wと1000Wは、一般社団法人防災安全協会から防災製品等推奨品として認められています。
電気製品としての安全性に関する各種基準をクリアしているので、安心して使用できることも魅力の1つです!

付属品としてACアダプターと車載用充電シガーソケット、これらを収納するケースが付いてきます。
車載用充電シガーソケットが付いていると、安心してキャンプや車中泊での連泊ができて嬉しいですね!

「Jackery ポータブル電源700」を使ってみてわかった魅力。 幅広い層のキャンパーが満足できる充実の機能を紹介

ここからは筆者が車中泊キャンプでしようして感じた「Jackery ポータブル電源700」の魅力について、余すところなくお伝えします!

出力が多く複数機器同時使用が可能

パソコンや電気毛布など、複数機器を同時に使えて便利です。

「Jackeryポータブル電源700」にはAC、DC、USBの3種類の出力が可能
ACは2口、USBは3口あり、スマートフォンやタブレット、パソコンなどを同時に充電できるので、複数機器を同時に使いたい方やファミリーでも使いやすいのが嬉しいですね!

また、AC100Vコンセントには純正弦波が採用されており、パソコンやスピーカーなどのほとんどの精密機器が使用可能とのこと。
キャンプ場や河原など、自然の中でのリモートワークにもピッタリのポータブル電源です。
ちなみに私はこの原稿の一部を、近所の河原で書き上げました!

尚、ポータブル電源には矩形波や修正正弦波を採用しているものもありますが、この2つの波形では使用できない電化製品は多くありますので、購入する際には注意しましょう。

定格出力500Wだから消費電力の多い機器も使いやすい

筆者のInstagramより

定格出力とは「指定された条件下で機器類が安全に達成できる最大出力」のことです。
電化製品には消費電力が記載されていますが、使いたい電化製品の消費電力がポータブル電源の定格出力を超えてしまうと正常に作動しません。
これからポータブル電源の購入を検討している方は、使いたい電化製品の消費電力と、ポータブル電源の定格出力のチェックをお忘れなく!

「Jackeryポータブル電源700」の定格出力は500Wなので、複数の機器を同時に接続しても比較的安心して使用できます。
筆者が車中泊時によく使用する機器の消費電力は、

  • 電気毛布(「強」の場合):約60W
  • ノートパソコン     :40W前後
  • iPhone XS Max              :10W(充電開始直後)

なので、全て同時に使用したとしてもまったく問題ありません!

ちなみに、キャンプや冬の車中泊などで活躍する電気調理器は、比較的消費電力が多いものが多いです。
筆者が使用しているヤザワの「トラベルマルチクッカー」は、消費電力が250W。
Jackeryでは、ポータブル電源240と400の定格出力は200Wのため、トラベルマルチクッカーは使用できません。
充電やパソコン作業以外にも電化製品を使用したいと考えている方には、Jackeryポータブル電源700は安心のスペックですね!

シガーソケットからの充電に対応しているから連泊も安心

シガーソケットからの充電にも対応

付属品として車載用充電シガーソケットがあります。
そのため、車移動中に充電ができる事も注目ポイント。
車中泊をしながら連泊したり、複数のキャンプ場を巡るような旅行をしたりしたい方にはうってつけだと思います。
ただし、シガーソケットからの充電速度は自宅のコンセントで行う場合よりやや遅くなるため注意が必要です。

また、700Whの大容量に対しての本体サイズは小さめで、車中泊時に大幅に場所をとることはなくちょうど良い大きさ。
車中泊で夏場にサーキュレーターを使用したり、冬場に電気毛布を使用したりする場合におすすめです!

取っ手を折りたためるからスペースを有効活用できる

取っ手を折りたためることは案外重要です。

ポータブル電源の中には取っ手を折りたたむ事ができない物もありますが、そうなると上に物を乗せられなかったり、自宅や車内で収納したりする場合に案外場所に困ってしまうもの。
Jackeryのポータブル電源は取っ手を折りたたむ事ができるため、充電中の機器をサッと上に乗せられたり、収納する際には何かと重ねて置いたりすることもできます。

取っ手の内側は滑り止め加工がなされていて持ち運びやすい。

また、取っ手の内側には滑りにくいゴム素材が施されており、持ち運びやすくなっています。
細かい点にまで気配りがされているポータブル電源という印象を受けました!

本体底面の加工のちょっとした工夫が◎

本体上部の溝と底面の凸部がぴったりフィットする構造

「Jackeryポータブル電源700」は、取っ手と同様に本体の底も滑りにくいゴム製の素材となっています。
車の荷室は案外滑りやすく、運転中にキャンプ道具が滑り壁と衝突、なんて経験をした方は少なくないはず。
ポータブル電源の場合は衝突が原因で破損したり故障したりしてしまうリスクも考えられますが、「Jackeryポータブル電源700」の場合はその心配は少ないです。

また、本体底面のゴム素材の部分は円形に加工されており、本体上部の円形の溝にぴったりフィットするように設計されているため、Jackeryの同じ容量のポータブル電源同士であれば重ねて使用することも可能
こんなところにもスペースを有効活用できる工夫が施されているので、複数所有したい方には嬉しいポイントですね!

「Jackery ポータブル電源700」の気になる点 購入前にチェックしておきたい4つポイントとは?

「Jackeryポータブル電源700」は細かい点まで考えられていて使い勝手がよいポータブル電源です。
筆者としては大きな不満はありませんでしたが、ここではほんの少しだけ気になる点を記載していますので、購入時の参考にしてみてください。

本体内部の冷却ファンの音が気になるかもしれない

電気毛布の使用のみではファンは回っていませんでした。

「Jackeryポータブル電源700」には温度感知機能が付いており、AC出力時に本体内部の温度が高くなった場合には冷却ファンが作動します。
そのため夜眠っている間にファンが回ると、繊細な方は目が覚めてしまう可能性も。
ただし、スマートフォン等の機器の充電程度であれば消費電力は少なく、本体内部の温度が急激に高くなることは考えづらいため、あまり気にする必要は無いかもしれません。

私の経験としては、冬場の車中泊で電気毛布(「弱」で使用)、スマートフォンの充電、ポケットWi-Fiの充電を同時に行いながら就寝しましたが、ファンが回ることなく静かな環境で眠る事ができました。

重量はそれなりにある

「Jackeryポータブル電源700」の重量は約6.3kg

「Jackeryポータブル電源700」は大容量のポータブル電源であるため、重量はそれなりにあります。
約6.3kgなので大人であれば片手で持てますが、腕力に自信がない方や小さなお子さんが持ち運ぶには少し大変かもしれません。
駐車場からサイトまで距離がある場所でのキャンプをお考えの場合には、ご自身の体力に合わせて検討してみてください。

バッテリーを長持ちさせたければパススルー充電は避けたい

パススルー充電に対応しているが、バッテリーの寿命がやや短くなる可能性あり。

「Jackeryポータブル電源700」はパススルー充電(充電しながら給電も行う)に対応しています。
ただしバッテリーの寿命をできるだけ長く持たせたい場合は、パススルー充電は避けた方が良いとのこと。
キャンプ中にパススルー充電をする場面はあまり多くないかもしれませんが、念のため注意が必要そうです。

使用温度、使用したい環境をチェック

-10℃までであれば使用可能。

「Jackeryポータブル電源700」の動作温度は-10℃~40℃なので、夏・冬ともにキャンプ場であれば問題なく使用できます。
ただし、スキー場近くでの車中泊や、真冬の雪中キャンプであれば-10℃を下回る可能性も。
ご自身が使用したい環境を踏まえ、購入するポータブル電源を選ぶと良さそうです。

私は関東や新潟のスキー場近くでの車中泊で数回使用しましたが、今までのところ問題なく使用できています。

大容量でハイスペックの「Jackery ポータブル電源700」! これからのキャンプの定番ギアの1つに

Jackeryのポータブル電源は、もはや快適なキャンプには欠かせないギアの1つに。筆者のInstagramより

大容量で使い勝手の良い「Jackeryポータブル電源700」
ポータブル電源を必要としている多くの方が満足できるスペックとなっている印象でした。

私が特に「Jackeryポータブル電源700」をおすすめしたい方は

1.消費電力が多い機器(トラベルマルチクッカーなど)や複数機器を同時に使いたい方
2.ファミリーやグループでキャンプを楽しみたい方
3.連泊したい方

だと感じました。
これからポータブル電源を購入したいと考えている方々の参考になれば幸いです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました