【車用網戸】フロント・リア兼用!Ashopの車用網戸を購入!エクストレイルt31に取り付けたので、取り付け方と使用した感想をお伝えします!

虫対策

夏場の車中泊は蒸し暑く、息苦しくなりますよね…
夏場でなくても、日中の車内は案外暑くなるもの。
しかし窓を開けると虫が入ってきて鬱陶しいし、虫嫌いの方は全く落ち着けない空間となってしまいます。

そんなときに便利なのが、車用の網戸!
今回はAshopの、フロントとリア兼用の網戸を購入したので、網戸の取り付け方や、網戸を取り付けた状態で車内で過ごした様子などをお届けします!


車用網戸の必要性

暑さ対策

夏場の車中泊や、車内で過ごさなければいけない時の大きな問題点の一つとして、「暑さ」が考えられますよね。
数分であればエンジンをかけてエアコンを入れておいても問題ないでしょうが、長時間のアイドリングは環境に良くないですし周囲にも迷惑が掛かります(一晩中なんて絶対だめです)。

そんな時に網戸があれば外の風を取り入れられるので、多少の暑さ対策になります。
また、標高が高いキャンプ場は夏場でも夜の気温は下がりますから、車内の暑さ対策をしなくても、網戸を取り付け窓を開けておけば充分に快適な空間を作れます。

虫対策

車内で過ごしていて窓を開けたけど、蚊が入ってきて鬱陶しい!と感じた事はありませんか?
蚊ならまだしも、蜂とか大きい虫がもし入ってきたらと思うと、怖すぎますよね…

特に虫が苦手な方にとっては、狭い車内に虫が入ってきたらパニック。
虫嫌いの方には網戸は必須と言えるでしょう!笑

私はブログのタイトルにもある通り虫が苦手なので、虫が本格的に活動し始める前に網戸を購入しました。

購入した網戸

今回購入した網戸は、Ashopの「車窓用日よけ ウィンドーネット 2枚入り」です。
価格はなんと416円!!
口コミの点数も悪くないので、こちらの商品を購入しました。

この網戸は4サイズ展開されており

  • S :(幅)最大100cmまで×(高さ)50cm
  • M:(幅)最大113cmまで×(高さ)50cm
  • L :(幅)最大126cmまで×(高さ)52cm
  • XL:(幅)最大133cmまで×(高さ)58cm

となっています。

私が乗っているエクストレイルt31の場合、

  • 窓幅約91cm
  • 窓高約50cm

でした。

しかし、

  • 商品にはマチ部分(奥行)が無い
  • 車の窓には幅があり、更に雨除けが付いている
  • 口コミにたまたま「Lサイズだとエクストレイルt31にはギリギリ」と書かれていた

為、余裕をもってXLを購入しました。
Lを購入していないため比較はできませんが、XLでぴったりサイズという印象です。

幅は約91cm
高さは約50cm

車用網戸を取り付けてみた

同梱物

まずは届いた荷物の確認。

ものすごく簡易的に、茶封筒で届きます。
茶封筒の中には透明の袋に入った本体。
実際網戸はかなりコンパクトに畳めるので、この程度の包装で十分だなと感じました。

茶封筒で届きます。
かなりコンパクト!

続いて中身の確認。

  • 網:2つ
  • マジックテープ:4枚

が入っています。

説明書などは入っていませんが、取り付け方は簡単なのでご安心を。

取り付け方

続いて取り付け方。
今回は後部座席のドアに2枚とも着けてみました。

ドアを開けて、広げた網戸をかぶせるだけ。

広げた網戸を…
被せれば…
完成!

ちなみに網戸の端にはマジックテープが取り付けてあります。
同梱物のマジックテープは両面テープ付きで、ドアの程よい部分に貼り、網戸側のマジックテープを固定をするようです。

ただ、毎回リアのドアに取り付けるとも限りませんし、網戸の裾の部分はゴムである程度の張りがあります。
また、使用時はドアを閉めるので飛ばされないでしょうから、固定しなくても問題ない気がしています。

網戸の両端にはマジックテープが付いています。
付属のマジックテープ(両面テープ付き)と合わせて使用し、固定するとの事です。

網戸の裾のゴムの部分ですが、内側から見ると若干隙間が空いてしまいます。
ただ、外側の裾はほとんど隙間はありません。

また、虫対策は網戸だけでなく、網戸や空間にスプレーする虫よけ等と併用する為、この程度の隙間なら大丈夫かな…と感じています。

必要であればマグネットやテープなどで、隙間から虫が侵入しないよう工夫しようと思います!

内側から見ると網戸の真ん中あたりに…
わずかな隙間が。
外側には隙間はありませんでした。

ちなみに網戸の両端についているマジックテープですが、縫いが緩く、取り付け作業中に1か所だけ取れてしまいました…

416円なのでこの程度は仕方ないかな…手縫いで何とかなりそうだし!笑

1か所マジックテープが取れちゃいました(;O;)

車用網戸を取り付けた見た目

外からはうっすら車内が見える程度。

外側からの見た目はこんな感じ。
近くで見るとうっすら車内が見えますが、あまり気にならない程度ですね。

内側からの様子はこちら。
外の様子が分かるので、キャンプ場で景色や外の雰囲気も楽しみつつ車内で休憩するには程よい見た目ではないでしょうか。

外の景色はある程度なら見えます。

網戸を取り付けた状態で過ごしてみた

網戸を取り付けた状態で、自宅駐車場で1時間半ほど過ごしてみました。
取り付け完了時の車内は午後1時半で

  • 気温27℃
  • 湿度74%

でした。

開始から1時間半後の車内は

  • 気温22℃
  • 湿度72%

となっていました!

取り付け完了直後は27℃と暑さを感じる室温でしたが、
室温は徐々に下がり、だいぶ過ごしやすかったです!

また、窓の近くにいるとほんのり涼しい風を感じ、気持ちよかったです。

午後1時半の車内温度は27℃とやや暑い状態。
1時間半後は22℃と過ごしやすい車内温度!

ちなみに車内ではこんな感じで過ごしていました!
サーマレストのマットレス、お気に入りです。

【マットレス】車中泊でも快適な寝心地を求めたい!サーマレストのマットレス「ベースキャンプ」は確かな寝心地で朝までぐっすり眠れます。
車中泊に向けてサーマレストのマットレス「ベースキャンプ」を購入。寝具へのこだわりは強く自宅では10万円もするマットレスを使っていますが、サーマレストのベースキャンプでも朝までぐっすり眠れました!そんなサーマレストのベースキャンプの使い方や車内で広げた様子などをご紹介します。

車用網戸を使用して感じたメリット・デメリット

メリット

取り付けが簡単

ただ被せるだけなので、何の問題もなく取り付けられると思います。

安い!

416円は安いですよね(笑)

ネットでは「網戸をDIYしてみた」という記事や動画は多いですが、材料費や手間を考えても、416円は十分に安いと思います。

外からあまり見えない

日中はあまり気にならないでしょうが、網目が細かいので外からはあまり見えません。

また、車中泊中は防犯上ドアを全開にせず、少し開ける程度にするでしょうから、車内が丸見えという事はほぼないと思います。

デメリット

ドアを開けながらの作業のため虫が侵入する恐れあり

虫嫌いに取っては切実な問題。
網戸を取り付けたままの走行は危険なので、どうしても取り付け作業は現地に到着してからでしょう。

私の場合は取り付け作業に入る前に、森林香などで虫を寄せ付けない、虫よけスプレーを身体にふきかける等の対策をしてから作業に入ります。
ちなみに森林香は、人に対して安全性が高い成分でできていて、大量の煙が虫を遠ざけてくれる効果があります!

虫が苦手な人には必須のアイテムですね。

ちなみに車内から取り付けるタイプの網戸も売られています。
車種によっては純正の商品も売られているようです。
車内から取り付けられるなら、虫が侵入する可能性は大幅に低下するでしょうね。

ただし、高価なものが多いようなので、ご自身の予算に合ったものをご購入ください。


風はそんなに入らない

家の網戸より網目が細かいです。
また、被せて使用するタイプで網が2重となるためか、風はあんまり入ってきません。

網戸の近くにいれば外の涼しい空気を感じれる、といった感じです。

若干の隙間

上の写真でもお見せしましたが、若干隙間が空いてしまいます。

この程度の隙間なら大丈夫かな…と思いますが、気になるようだったらマグネットやマジックテープなどで補強する必要がありそうです。

サイズが分かりづらい

公式サイトに載っているサイズは、あくまでも横幅の最大値と高さを、
平面上で計測したサイズです。
その為ご自身の車のサイズぴったりの商品を購入すると、寸足らずになってしまう可能性大。

416円と安価なので分かりづらいのは仕方ないのでしょうが、サイズ選びは慎重に行いましょう。

Ashopの車用網戸はコスパがかなり良い!

メリットよりデメリットの方が1つ上回ってしまいましたが、使い勝手はよく購入して満足しています!
もし今回購入した物が壊れてしまったら、車内から取り付けるタイプの網戸に変更し、比較したレビューを書こうと思っています。

皆さんも車用網戸を用意して、虫&暑さ対策を万全にして車中泊やキャンプを楽しみましょう!


網戸と併用したいサンシェード

暑さ対策やプライバシー保護の為に、サンシェードを使用するという方法もあります。
私は趣味職人の「プライバシーシェード」というものを使用しており、そちらのレビュー記事もありますので、参考にご覧ください!

【サンシェード】日産エクストレイルt31専用!趣味職人のサンシェードを使用し車中泊。性能や使い勝手をレビューします。
車中泊に必須の道具の1つとしてサンシェードがあります。今回は趣味職人の「プライバシーサンシェード」を購入し、実際に車中泊で使用したので、使い方や使用感、メリット・デメリットなどをレビューします!

コメント

タイトルとURLをコピーしました