キャンプ用マットで迷ったらコレ!シートゥサミット『キャンプマットS.I』をレビュー

キャンプギア

キャンプ用のマットを選ぶとき、価格・サイズ・軽さなど基準は様々。そのため「どのマットを選べば良いかわからない!」という人もいるのではないでしょうか。今回ご紹介するシートゥサミットの『キャンプマットS.I』は価格・サイズ・軽さのバランスが取れたマット。使い勝手も良く、多くの人が満足できるキャンプ用マットです!

スポンサーリンク

社名の由来は「海から山まで幅広く使えるキャンプギア」

社名の意味は「海から山まで」。筆者のインスタグラムより。

キャンプマットS.I

【価格(税込み)】
・レギュラー:9,570円
・ラージ  :10,780円
・レクタンギュラーレギュラーワイド:10,780円
・レクタンギュラーラージ:13,090円

【重量】
・レギュラー:780g
・ラージ  :1,020g
・レクタンギュラーレギュラーワイド:1,115g
・レクタンギュラーラージ:1,180g

【使用時サイズ】
・レギュラー:183×51cm
・ラージ  :198×64cm
・レクタンギュラーレギュラーワイド:183×64cm
・レクタンギュラーラージ:201×64cm

【収納時サイズ】
・レギュラー:直径16×26cm
・ラージ  :直径18×33cm
・レクタンギュラーレギュラーワイド:直径20.5×34cm
・レクタンギュラーラージ:直径21.5×34cm

今回ご紹介する『キャンプマットS.I』は、オーストラリアのアウトドアギアメーカーSEA TO SUMMIT(シートゥサミット)のキャンプ用マットレス。
「シートゥサミット=海から山」という意味で、社名の通り「海から山まで幅広く使える」ギアを開発しています。

「シートゥーサミット」と読む人もいるようですが、公式サイトによると、正しい読み方は「シートゥサミット」のようです!

キャンプマットS.Iのサイズは全部で4種類
もっとも小さなレギュラーサイズは183×51cm、もっとも大きなレクタンギュラーラージは201×64cmと、小柄な人から大柄な人まで幅広く対応しています。

また、形はマミー型とレクタンギュラー型(長方形)の2種類。
コンパクトなマットを選びたい人はマミー型、寝床を広くとりたい人はレクタンギュラー型と、好みに合わせて選べます。

筆者はもっともコンパクトなマミー型のレギュラーサイズを選びました。
今回はキャンプマットS.Iレギュラーサイズのレビューとなりますが、すべてのサイズに共通する内容も多く含まれていますので、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

キャンプマットS.Iは自動膨張式のマット

筆者撮影

キャンプマットS.Iの「S.I」は、「セルフインフレータブル=自動膨張」の略称
シートゥサミットでは、自動膨張式のマットの商品名にはすべて「S.I」の表記が入っています。

キャンプマットS.Iは自動膨張式のマットであるため、バルブをすべて開放(下図1)すれば自然と膨らみ始めます。

筆者撮影・編集

ある程度まで膨らんだらバルブを「INFLAT」の状態(上図2)にし、マットが硬くなるまで数回息を吹き込み、バルブを密閉(上図3)すれば準備完了です。

セルフインフレータブルのマットの仕組みは、マット内部のポリウレタンが膨張することで自然と膨らむというもの。

購入したてのマットは長時間畳まれ、中のポリウレタンが縮こまった状態。そのため、購入後初めて膨らませるときには時間がかかります。購入後は自宅で膨らませた状態で24時間以上放置しておきましょう。そうすれば、キャンプや車中泊で使用するときにスムーズに使えますよ!

なお、マットを柔らかくしたいときは、バルブを「INFLAT」の状態(上図2)にし、オレンジ色のボタンを押せば調整が可能。

また、マットをたたむときはバルブを「DEFLATE」の状態(上図4または下図)にします。
DEFLATEにするときは、下図の赤丸の箇所をねじって取り付ければOK。

「INFLAT」「DEFLATE」の切り替えはバルブをねじりましょう。

あとは足元側からマットを巻けば空気が抜けていきます。キャンプマットS.Iのバルブはコンパクトで使い勝手◎です!

耐圧分散データをもとに軽量化

サーマレスト『ベースキャンプ』と比べるとだいぶコンパクト。

キャンプマットS.Iは、キャンプマットの中では比較的軽い部類に入ります。
特に、もっとも小さいレギュラーサイズは780gととても軽量

また、レギュラーサイズの収納時は直径16×26cmと、かなりコンパクトに。
筆者が以前使っていた、サーマレストのマット『ベースキャンプ』と比較すると、収納時サイズの違いは歴然としています。

そのため、荷物を軽量かつコンパクトにしたい人におすすめです。

▼サーマレスト『ベースキャンプ』についてはこちら!

「そんなに軽量化して、クッション性や断熱性は大丈夫なの?」と思う人もいるでしょうが、心配ご無用。
キャンプマットS.Iは耐圧分散のデータをもとに軽量化しているので、機能を損なわずに軽さとコンパクトさを実現しています。

【耐圧分散のデータをもとにした軽量化】

肩・腰・脚など、体圧がかかり保温性やサポートが必要な場所では肉抜きを小さく、それ以外の場所では肉抜きを大きくしています。下図の通り、光にかざすと肉抜きされている場所が透けて見えるので、気になる人は試してみてくださいね。

光にかざすと肉抜き部分が良く見えます。

筆者が車中泊で使ってみたところ、軽量なマットのわりにマットの反発がしっかりしていて、床の固さを感じることなく眠れました。

R値は4.2で真冬でも安心!

R値はマットを選ぶときの大事な基準。

キャンプ用マットには、R値というマットの断熱性能を表した数値が記載されています。
R値が高いほど断熱性能が高く、寒い冬でも地面に熱を奪われません。

キャンプマットS.IのR値は4.2で、真冬でも対応できる断熱性能
そのため、真冬にキャンプをする人にもおすすめです。

ただし、寒さの感じ方は人それぞれ。
寒さに弱い人は、よりR値が高いマットを選んだり、保温性が高い寝袋を使用したりして、万全の寒さ対策をしましょう。

ピローロックシステムのパッチが付属

付属のパッチをマットの頭側に貼りつけます。

キャンプマットS.Iには、ピローロックシステムのパッチが付属しています。

ピローロックシステムとは、エアピロー(枕)を固定して、就寝中にずれないように固定する機能のこと。
付属のパッチをキャンプマットS.Iに貼りつけ、枕を軽く押し付けて固定すれば準備完了です。

シートゥサミットの枕には、ピローロックシステムに対応しているかどうかが明記されています。
試してみたい人は、ピローロックシステム対応の枕をあわせて用意してみてくださいね。

リペアキットも付属

リペアキットが無料でついてくるのは嬉しいポイント!

空気を入れて膨らませるタイプのマットでは、破損によるパンクが最大の敵。
寝ようと思ったタイミングでパンクが発覚したら、とてもショックですよね。

キャンプマットS.Iはリペアキットが付属しているので、応急処置として破損箇所を修理できます。
リペアキットは別売りとなっているメーカーもあるので、最初から付属しているのは嬉しいですね!

パンク個所の特定方法やリペアキットの使用方法は、シートゥサミットの公式YouTubeで確認が可能。
初めてのパンク修理でも、迷わずに作業ができるので安心ですよ。

なお、リペアキットを使用して修理をする場合、パットを貼ってから2時間ほど経ってから膨らませる必要が。
マットは就寝直前ではなく、早めに膨らませてパンクがないかチェックしておきましょう。

▼追加のリペアキットはこちら!

レギュラーサイズでは狭く感じる人も

マミー型はやや狭く感じる人も。

キャンプマットS.Iのレギュラーサイズは、最大幅が51cm。そのため、大柄な人は腕がマットからはみ出してしまう可能性が。
また、レギュラーサイズ・ラージサイズの形は、かかとに向かって細くなるマミー型であるため、脚を広げるとマットからはみ出してしまいます。

そのため、広々と寝床をとりたい人にとっては、キャンプマットS.Iのレギュラーサイズは狭く感じるかもしれません。

ゆったりとしたサイズのマットが好みの人は、キャンプマットS.Iのレクタンギュラー型がおすすめです。

レクタンギュラー型は長方形であるため足元も広々。
また、ラージサイズは201×64cmのゆったりサイズなので、大柄の人でも安心して使用できますよ

シートゥサミット『キャンプマットS.I』は満足度抜群!初心者からベテランまで納得の使い心地

筆者のインスタグラムより。

今回は、シートゥサミット『キャンプマットS.I』をご紹介しました。

キャンプマットS.Iは価格・サイズ・機能面のバランスが取れたマット。
そのため、初心者からベテランまで、多くの人が満足して使えます。

今回の記事を参考に、お気に入りのマットを手に入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました