【トラベルマルチクッカー】車中泊の強い味方! ヤザワコーポレーションのトラベルマルチクッカーを徹底レビュー

車中泊

車中泊や旅先で温かい料理を食べたくなったり、食べなれた味が懐かしくなったりといった経験をした人は多いのではないでしょうか?そんな人におすすめなのが、ヤザワコーポレーションの「トラベルマルチクッカー」。トラベルマルチクッカーは火を使わない電熱式の調理器具なので、場所を選ばずどこでも料理ができる優れもの。今回は主に車中泊やキャンプで使用している私が、トラベルマルチクッカーの魅力をたっぷりお伝えしていきます!

スポンサーリンク

ヤザワのトラベルマルチクッカーはコンパクトかつ使いやすい! まずはそのスペックをチェック

トラベルマルチクッカーTVR70BK

鍋サイズ  :幅155mm×高さ78mm×奥行148mm
満水容量  :約1.3ℓ
ヒーター寸法:幅128mm×高さ68mm×奥行128mm
コード長  :約1m
電圧    :100~130V、220~240V
消費電力
 ・100~130V:250W
 ・220~240V:360W

ヤザワコーポレーションから発売されている「トラベルマルチクッカー」は、電熱式の電気調理器です。
パッケージ内容はヒーターとアルミ製の鍋に加え、どんぶり、ふた、スプーン&フォーク、不織布収納袋です。
スプーン&フォークが付いているので、万が一カトラリーを忘れた時でも安心です。

鍋の中にヒーターを入れ、蓋をすれば収納完了。

収納方法は、鍋の中にどんぶりと逆さまにしたヒーターを入れ、スプーン&フォークをセットした蓋をすれば完了。
取っ手を折りたたみ収納袋に入れればコンパクトになるので、キャンプや車中泊時にかさばらず持ち運びが可能です!
トラベルマルチクッカーという名前の通り、旅行にも持っていけるサイズ感が嬉しいですね。

鍋底のくぼみがヒーターにフィットする構造。

鍋底は円形にくぼんでおり、このくぼみがヒーターにぴったりフィットする設計。
鍋で調理している最中の安定感は抜群で、ふとした瞬間に取っ手に触れてしまい中身がこぼれる心配が少なくなっています!

なお、現在販売されているトラベルマルチクッカーは「TVR70BK」という型番。
インターネット上で検索すると「TVR21BK」という型番のトラベルマルチクッカーも出てきますが、公式HPを確認すると、TVR21BKは販売終了となっています。

今回は「TVR21BK」のトラベルマルチクッカーのレビューとなります。
新旧のトラベルマルチクッカーを比較すると、ヒーターと鍋の寸法が若干異なるようでした。
その他の機能に大きな変更は無いようですので、 今回のレビューも是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント!

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント①:茹でる、煮込むといった料理ができる

筆者のインスタグラムより。お正月に鍋焼きうどんを作りました。

トラベルマルチクッカーの火力はあまり強くないため炒め物には向きませんが、茹でる、煮込む、炊くといった料理であれば問題なく作ることができます。
鍋のサイズは袋麺がピッタリ入るので、ラーメンを作るにはうってつけです!
今までにラーメンやうどん、炊き込みご飯などを作りましたが、どれも問題なく調理できました。

袋麺以外のレトルト食品では、パスタソースやレトルトカレーを温めるのも可能でした。

パスタソースやレトルトカレーなどを温めるのは可能でした。

ただし、通常サイズのパックご飯は鍋からはみ出てしまいます。

パックご飯ははみ出てしまいます。

パックご飯を調理したい人は小さめのサイズを購入するか、パックから出して雑炊を作るなど、少し工夫が必要かもしれません。

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント②:炊飯がとても簡単にできる

筆者のインスタグラムより。

パックご飯でなくて炊き立てのご飯が食べたい!という人は、ぜひトラベルマルチクッカーでの炊飯に挑戦してみてください!

炊飯の方法は簡単で、お米と水を鍋に入れて電源につなげるだけ。
約25分で美味しいご飯が炊きあがります!

ただし、鍋に直接お米を入れて炊飯してしまうとこびりついて洗い物が大変になってしまいます。
道の駅など、炊事場が無い場所での車中泊では困りますよね。

そんなときはクッキングシートを鍋に敷いてからお米と水を入れるだけで、鍋はキレイなまま美味しいご飯を炊くことができます!

筆者のインスタグラムより。クッキングシートを敷いてから炊飯した様子。

この方法はなんと、警視庁のツイッターで紹介されている方法なのです。
災害時に余計な洗い物を増やさず節水する防災の豆知識としても役立つので、皆さんもぜひ試してみてくださいね。

キャンプ用クッカーでの炊飯についてはこちら⇓

【クッカー炊飯】PRIMUS(プリムス)のクッカーでご飯を炊いてみた!基本的な炊き方と、美味しい炊き込みご飯レシピの紹介!
なんとなく難しそうなイメージがある「クッカー炊飯」。ただ、基本的な炊飯方法を知っていれば案外簡単に、美味しいご飯を炊くことができます!お気に入りのクッカーでご飯を炊いて、美味しいキャンプ飯を楽しみましょう!炊き込みご飯のレシピもご紹介してます!

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント③:電熱式の調理器具だから車内やテント内でも安全

筆者のインスタグラムより。ポータブル電源とセットで使えば車中泊で重宝します!

トラベルマルチクッカーは車中泊で大活躍します!

車内で料理をしたい場合でも、ガスバーナーを使用することは安全面を考慮すると難しいですよね。
トラベルマルチクッカーは電熱式の調理機器で火を使わないため、車内でも安全に使えます!

また、火気厳禁の公園でのお花見やピクニックでも、トラベルマルチクッカーであれば問題なく使用できます。
トラベルマルチクッカーは火を使わない分使える場所が多いので、アウトドアでの第2の熱源を買いたいと思っている人にもおすすめです!

トラベルマルチクッカーを車内やアウトドアで使うときに欠かせないのがポータブル電源
ポータブル電源を選ぶ際にチェックしたいポイントは「定格出力」です。

ポータブル電源は定格出力に注意して選びましょう。

定格出力が使用したい電化製品の消費電力を下回っている、または同等の数値だと、機器が作動しなかったり、複数機器を同時に使用すると停止してしまったりといったトラブルに繋がります。
トラベルマルチクッカーの消費電力は250Wなので、少なくとも300W以上の定格出力のポータブル電源を選びたいですね。

私が使用しているポータブル電源は「Jackery ポータブル電源700」です。
Jackery ポータブル電源700の定格出力は500Wなので、トラベルマルチクッカーを使っても余裕はたっぷり。
そのためトラベルマルチクッカーを使用しながらスマホやパソコンの充電をしたり、電気毛布やサーキュレーターを使用したりしても問題なく作動してくれます!
Jackery ポータブル電源700は防災製品等推奨品として認められているので、これからポータブル電源を購入したいと思っている人にはおすすめです!

Jackery ポータブル電源700のレビュー記事はこちら⇓

【ポータブル電源】「Jackery (ジャクリ)ポータブル電源700」は使い勝手抜群! 1台あれば快適なキャンプ時間が手に入る
快適なキャンプを過ごすためのギアとして「ポータブル電源」を持ち込んでいる方が増えてきました。今回レビューするポータブル電源はカッコ良いデザインが特徴的な「Jackery ポータブル電源700」。車中泊キャンプで使用して感じた使い勝手の良い点や、購入前に検討しておきたい点をまとめました!

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント④:シェラカップやマグカップも使用できる

シェラカップでお湯を沸かすのも大丈夫でした。

鍋の最大容量は1.3ℓと容量たっぷりですが、ちょっとだけお湯を沸かしたい場合には少し大きすぎますね。
そんなときはシェラカップや、加熱ができるマグカップでお湯を沸かしてしまいましょう。
試してみると、シェラカップで200mlを沸かすのに約7分。
ガスバーナーの強火でお湯を沸かすときと比べると少し時間はかかりますが、車内やテント内で安全にお湯を沸かせることを考えると十分な機能に感じます。

最近リモート飲み会のときには、スノーピークのチタンシングルマグを使用してホットワインを作りました!

美味しいホットワインが出来上がりました!

冬のキャンプのときには、トラベルマルチクッカーでホットワインを作りながらバーナーで料理をする、といった楽しみ方もできそうですね。

チタンシングルマグのレビュー記事はこちら⇓

【チタンシングルマグ450】自宅でもアウトドアでも活躍。スノーピーク「チタンシングルマグ450」の魅力を公開
不動の人気を誇るスノーピークのマグカップ「チタンシングルマグ」。今回はチタンシングルマグ450の魅力についてご紹介します。自宅でもアウトドアでも大活躍してくれるチタンシングルマグ450は、お気に入りのマグカップになる事間違いなしです。

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント⑤:変圧器不要で海外でも使用できる

変圧器不要で海外でも使えます。

トラベルマルチクッカーには電圧切り替えスイッチが付いており、マイナスドライバーや小銭を使用して切り替えることができます。

電圧は100~130Vか、220~240Vに切り替えが可能。
私が購入したときは、スイッチが220V~240Vに合わせてありました。
日本国内は100Vの電圧が流れているので100~130Vに合わせてから使用しましょう!

海外旅行で使用するときには、各国の電圧に合わせてスイッチを切り替えてくださいね。

トラベルマルチクッカーのおすすめポイント⑥:自動停止装置で空焚きをしてしまっても安全

自動停止装置があるので万が一の空焚きでも安心。

トラベルマルチクッカーには、温度が異常に上昇したときに作動する自動停止装置が内蔵されています。
空焚きをしてしまったときや電圧スイッチの設定が誤っているときなどに自動で停止してくれるので、本体の故障を未然に防いでくれる嬉しい機能。

インターネット上には「調理中にも作動してしまうから不便!」という口コミも見かけます。
しかし私の経験では、調理中に作動した場合は数分で再稼働するので、今までのところは大きな影響なく使用できていますよ。

トラベルマルチクッカーの少し気になるポイント

トラベルマルチクッカーの気になるポイント①:料理に時間がかかる

ラーメンを作るのには約15分かかりました。

トラベルマルチクッカーには熱量調整のつまみが付いていないので、電源につなげた時点で加熱が始まります。
そして電源につなげた直後に高温なるわけではないため、お湯を沸かしたり食品を温めたりするには時間がかかります。

例えば袋麺(ラーメン)を作る場合は15分ほど。
そのため炒め物を作りたい人や、急いで料理を作って食事を済ませたいという人には向いていません。

トラベルマルチクッカーの気になるポイント②:アウトドア用のクッカーと比べると重たい

アウトドア用の軽量なクッカーと比べると重いです。

トラベルマルチクッカーは鍋の中にヒーターやどんぶりをすべて収納できるのでコンパクトにはなりますが、それなりに重さはあります。
実測したところ、付属品すべて合わせた重量は986gでした。

また、滞在先のホテルや電源付きサイトで使う場合を除けば、ポータブル電源も用意する必要となります。
そのため荷物を減らして身軽に行動したい人には向いていないかもしれません。

海外旅行でもアウトドアでも使い方はいろいろ! トラベルマルチクッカーのレビューまとめ

筆者のインスタグラムより。トラベルマルチクッカーはいろいろな場面で活躍してくれます。

シンプルな使用方法で、電源さえ確保できてしまえばどこでも使えるトラベルマルチクッカー。

アウトドアでの熱源としても問題なく使用できますし、特に車中泊では安全に温かい料理を作ることができるので、車中泊愛好家の強い味方です!

工夫次第でいろいろな料理を作ることができるので、ぜひ皆さんもトラベルマルチクッカーを駆使して料理を楽しんでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました