『RVパークsmart』は使い勝手◎なおすすめ車中泊サービス

車中泊

近年少しずつ数が増えている『RVパークsmart』をご存じでしょうか?RVパークsmartとは、インターネット上で予約&決済が完結する無人の車中泊サービスのこと。24時間使えるトイレや、車中泊中に利用できる電源など設備も充実。新たな車中泊スポットとして注目のRVパークsmartについて、詳しく解説します!

スポンサーリンク

無人の車中泊スポット『RVパークsmart』は柔軟な旅程を組みやすい

無人の車中泊サービス『RVパークsmart』。
RVパークsmart【公式】
RVパークsmartでは、温泉やキャンプ場で安心・安全に楽しめ、トイレ・電源設備などが完備された車中泊専用の予約制駐車スペースを運営しています。

RVパークsmartとは、トラストパーク株式会社が運営する車中泊サービス。
記事執筆時点では全国50か所に設置されており、特に九州で充実しています。

RVパークsmartの大きな特徴は、無人の車中泊スポットであること。

RVパークsmartを利用方法は、事前のインターネット予約でQRコードを取得し、チェックインは利用する車室の読み取り機にQRコードをかざすだけ。

利用時間内であれば好きな時間にチェックインができるので、柔軟な旅程を組みたい人にピッタリな車中泊スポットです。

スポンサーリンク

RVパークとの違いは?

車中泊専用スポットとして知られる『RVパーク』。RVパーク道志川温泉紅椿の湯についてはこちら

RVパークsmartと聞いて、同じく車中泊専用スポットの『RVパーク』が思い浮かんだ人もいるはず。

「RVパークsmartとRVパークは何が違うの?」と思った人に向けて、主な違いを表にしてみました。

RVパークsmartRVパーク
事前予約必須必須ではない
(一部必須の施設あり)
決済方法事前のオンライン決済
現金は利用不可
当日決済
現金決済のみの場合も
当日受付不要多くの場合必要
チェックイン時間利用時間内であれば自由決まっている
設備必要最低限充実
(ダンプステーション等)
設置場所レジャー施設や温泉施設、道の駅などレジャー施設や温泉施設、道の駅など

それぞれの特徴を見てみると、RVパークsmartはオンライン決済や当日受付不要など、より気軽に利用できる印象。

RVパークは当日の受付が必須であったり、現金決済のみの場合があったりと手間がかかる場面はありますが、その分施設は充実。
特に、一部のRVパークにはダンプステーションが設置されているなど、RVパークはキャンピングカーユーザーにとって最適な車中泊スポットです。

▼RVパークについて詳しく知りたい人はこちら!

また、どちらも道の駅や温泉施設の駐車場などに設置されていることがほとんど。
周辺地域の観光とあわせて楽しめるのが特徴です。

RVパークsmartは、公式ホームページ、またはくるま旅クラブのホームページで検索可能
ご自身の周辺地域にRVパークsmartがあるかどうか、ぜひチェックしてみてくださいね。

▼くるま旅クラブホームページ

くるま旅クラブ
くるま旅クラブが提供する安全・快適にくるま旅を楽しむための情報が満載です。

RVパークsmartの詳しい利用方法を解説

ここからは、予約方法や利用当日の流れなど、RVパークsmartの詳しい利用方法をお伝えします。

インターネットでの事前予約が必須

RVパークsmartの予約手順。

RVパークsmartを利用するには、インターネットでの事前予約が必須。
予約の手順は以下の通りです。

  1. 公式ホームページの施設一覧から、利用したい施設を選択。
  2. 利用したい車室のリンクをクリック
  3. 利用日を選択
  4. 画面に表示される質問(駐車可能サイズのチェック、到着・退出予定時刻など)に回答
  5. 支払い
  6. ナンバーの登録

予約には『軒先パーキング』への会員登録(無料)が必要。
1度登録してしまえば、車のナンバーやサイズなどを毎回入力する手間が省けますよ。

RVパークsmartの予約は24時間いつでも可能。
ただし、利用当日の予約は受付時間制限(多くの施設で当日の23:00まで)があるので要注意です。

支払い方法は、クレジットカード・携帯キャリア決済・Apple Pay・PayPayから選択。
キャッシュレス派の人にとっては、現金を用意しなくて良いのは嬉しいポイントですね!

当日は読み取り機にQRコードをかざすだけ

予約時に取得したQRコードをかざすだけでチェックイン完了!

RVパークsmartに到着したらチェックインを行います。
チェックインと言っても、車室に設置されている読み取り機にQRコードをかざすだけと超簡単。

QRコードは予約完了メールに記載されているURL、または軒先パーキングの『マイチケット』から確認できますよ。

左:予約チケット 右:QRコード

チェックインが完了したら、電源が使えるかどうか確認しましょう。
電源ボックス横のランプが緑色に光っていれば電源が使える状態です。

電源ボックスのランプが光っていればOK!

万が一電源が使えない場合は、電源ボックス内(施設により場所は異なる)のブレーカーを確認してみましょう。

車室内であれば椅子やテーブルを広げられる

椅子やテーブルを広げてのんびり。

RVパークsmartは、車室内であれば椅子やテーブルを広げられます

施設によっては、サイドオーニングやタープの設営が許可されていることも。

周囲の自然や景色を楽しめるRVパークsmartもあるため、お気に入りのキャンプチェアを広げてのんびり過ごすのもアリですよ!

▼筆者愛用のキャンプチェア『チェアツーホーム』についてはこちら!

火の使用の可否は施設ごとに異なる

ポータブル電源と電気調理器があると、車中泊がより快適に!

RVパークsmartでは、焚き火台やバーベキューコンロの使用OKだったり、電気のみ可となっていたり、火の使用について施設ごとに対応が異なります

火の使用については各施設の概要から確認できるので、利用予定の人は事前にチェックしておきましょう。

▼車中泊におすすめの電気調理器についてはこちら!

▼ポータブル電源『Jackery700』についてはこちら!

利用できる機能は施設ごとに異なる

食事処や入浴施設の有無などは施設ごとに異なる。

RVパークsmartの施設情報ページには、以下の4つの機能の有無が掲載されています。

  • 24時間トイレ
  • ゴミ処理
  • 入浴施設
  • 食事処

すべての機能を備えている施設もあれば、24時間トイレのみの施設もあるなど、利用できる機能はまちまち。
施設によっては徒歩2~3分のトイレを使用する場合も

車中泊をするうえで「この機能だけは外せない!」というこだわりを持った人は、事前に利用可能な機能をチェックしておきましょう。

入浴施設や食事処が無いRVパークsmartでも、近くに日帰り温泉やレストランがある場合がほとんど。
また、近隣施設の割引サービスや特典を受けられる場合も。

各施設のページに「利用者特典」が掲載されているので、あわせてチェックしておきましょう!

千葉県のRVパークsmartを利用してみました

千葉県のRVパークsmart『山の駅養老渓谷喜楽里』を利用してきました。

筆者は千葉県のRVパークsmart『山の駅養老渓谷喜楽里』を利用してみました。

養老渓谷は渓流釣りやハイキングなど、アウトドアを気軽に楽しめる場所。
RVパークsmart周辺も自然豊かで、穏やかな雰囲気が漂っていました

山の駅養老渓谷喜楽里で利用できる機能は、24時間トイレと食事処の2つ。
施設内に入浴施設はありませんが、RVパークsmart予約完了画面を提示すれば、近隣の入浴施設を特典付きで利用できます。

▼RVパークsmart山の駅養老渓谷喜楽里についてはこちら!

RVパークsmartの活用で車中泊がより便利&気軽に!

RVパークsmartは柔軟な旅程を立てたい人にピッタリ!

今回は、RVパークsmartについて解説しました。

RVパークsmartは、インターネット上での予約&決済や、チェックイン時間の柔軟さなどの便利さが魅力だと感じました。
記事執筆時点では九州が中心の車中泊サービスですが、日本全国に広がることを切に願います!

ご自身がお住まいの地域周辺にRVパークsmartがある人は、ぜひ利用してみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました