トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法。鍋にご飯がこびりつかないようになりますよ。

キャンプ飯

車中泊やキャンプをする人たちの中には、トラベルマルチクッカーを使っている人は少なくないのではないでしょうか?トラベルマルチクッカーを使っていて、少し不便だなと思うところは、炊いたご飯がこびりついてしまうこと。今回は、トラベルマルチクッカーで炊飯したときにこびりつかない方法や、美味しく炊くコツなどを解説します。

スポンサーリンク

トラベルマルチクッカーは、電熱式の調理器具。

筆者のインスタグラムより。

トラベルマルチクッカーは、ヤザワコーポレーションから発売されている電熱式の調理器具です。

コンパクトに収納できることとが特徴で、電源さえ確保できれば、どこでも調理が可能に。
そのため、ポータブル電源を利用して、車中泊で使用している人は少なくありません。

トラベルマルチクッカーについて詳しく知りたいという人は、レビュー記事もご覧ください!

スポンサーリンク

トラベルマルチクッカーで炊飯すると、こびりつきやすい。

説明書通りに炊飯すると、ご飯がこびりつきやすい。

トラベルマルチクッカーは、茹でる・煮込む・炊くといった調理法が可能。
今回はその中でも「炊く」に注目していきます。

トラベルマルチクッカーの説明書には、調理目安時間が記載されています。
炊飯については、約25分とのこと。

しかし、説明書通りに炊飯すると、なべ底にご飯がこびりついてしまいます。
スポンジでこすっても、キレイにとるには時間がかかってしまうほど。

また、説明書の炊飯時間については、お米が何合のときの目安時間なのかは記載されていません。

そこで、トラベルマルチクッカーでご飯がこびりつかず、美味しく炊飯する方法を検証しました!

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯するには、次のようなコツが必要です。

  • 吸水をしっかり行う。
  • お米の量に合わせた時間で炊く。
  • 蒸らす時間を設ける。

これらのコツを守れば、なべ底にご飯がこびりつくことなく、美味しいご飯が炊きあがります。
それでは、詳しい方法を見ていきましょう!

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法【1】:吸水をしっかり行う

吸水は30分以上行いましょう。

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法の1つ目は、吸水をしっかりと行うこと。
これは、トラベルマルチクッカーに限らず、ご飯を炊くときの基本ですよね。

米の吸水は、最初の30分程度で一気に行われ、約2時間で飽和状態となるのだそう。
また、水温によっても吸水スピードは異なるようです。

季節により水温が変動しますが、目安としては以下の通り。

  • 春・秋:45分程度
  • 夏  :20分程度
  • 冬  :1時間~1時間半

長く吸水するのが待てないという人は、自宅で吸水を済ませてから、キャンプへ出発というのもアリです。

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法【2】:お米の量に合わせた時間で炊く

お米の量に合わせた時間で炊きましょう。

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法の2つ目は、お米の量に合わせた時間で炊くことです。

私が何度も炊飯をした結果、お米の量に対する炊飯時間は、次のように落ち着きました。

  • 0.5合 :12~13分
  • 0.75合:15~16分
  • 1合  :19~20分

これ以上の時間炊き続けると、ご飯が焦げてなべ底にこびりついてしまいます。

人によってご飯の硬さには好みがあるので、上記の時間内でお好みの炊きあがり具合を探してみてくださいね。

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法【3】:蒸らす時間を設ける

蒸らす時間は必須!

トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法の3つ目は、蒸らす時間を設けることです。
お米の量に合わせた炊飯時間が過ぎたら、ヒーターからおろしましょう。

上記の時間炊いただけだと、ご飯の周りに水分が残っており、少しべちゃっとした状態。
蒸らす時間を設けることで、お米の中に水分を浸透させることができます。

蒸らし時間は5~10分ほど。
少し待つだけで、仕上がりに差が出ますよ!

完成!

美味しく炊きあがりました。

以上3つの手順を経て完成したご飯がこちら。

ふっくらと仕上がりました!

トラベルマルチクッカーでの炊飯をマスターして、美味しいご飯を食べよう!

筆者のインスタグラムより。

今回は、トラベルマルチクッカーで上手に炊飯する方法について、解説しました。

白米が美味しく炊けるかどうかは、キャンプ飯の重要な要素。

トラベルマルチクッカーを使っている人は、今回の方法を参考に、美味しいキャンプ飯&車中飯を楽しんでくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました