冬の車中泊の寒さ対策を解説!寝袋や電気毛布などの防寒グッズも

車中泊

真冬でも車中泊やキャンプを楽しみたいけれど、寒さをしのげるか心配という人は少なくないはず。そこで今回は、真冬の車中泊におすすめのグッズをご紹介。寝袋や電気毛布などの防寒グッズのほか、寒さ対策の工夫についてもお伝えしていきます!この記事を読んで、冬の車中泊の寒さ対策を完璧にしましょう!

スポンサーリンク

冬の車中泊は寒さ対策を万全に!筆者愛用の防寒グッズ5選

冬の車中泊の防寒グッズ【1】サンシェード

車中泊にサンシェードは必須です。

冬の車中泊の防寒グッズ、1つ目はサンシェードです。

冬の車中泊で、車内の温かさが一番奪われる場所は窓。
車の窓は断熱処理がされておらず、車体の中で最も薄い場所です。

そのため、サンシェードを使った車の断熱は必須と言えます。

サンシェードはプライバシー保護のためにも必要です。
私は体験したことはありませんが、車中泊中に窓から車内を覗かれた…という別の意味で凍り付くような話は聞いたことがあります。

寒さ対策だけでなく、プライバシー保護のためにも、サンシェードは必須のグッズと言えるでしょう。

フロント用3枚はこちら⇓

リア用はこちら⇓

冬の車中泊の防寒グッズ【2】冬用寝袋

私はモンベルのダウンハガー650#0を使用しています。

冬の車中泊の防寒グッズ、2つ目は冬用の寝袋です。

冬用の寝袋については、興味深い実験が。
JAFユーザーテストで、真冬の長野県で午後11時から翌朝7時までの8時間、エンジンを切った車内で寒さをしのげるかどうかの検証が行われました。
条件は「対策なし」「毛布+使い捨てカイロ」「寝袋(冬山用)」「エマージェンシーシート」の4種類。

結果は、「毛布+使い捨てカイロ」と「寝袋(冬山用)」の人が、最後まで寒さを耐え切れたとのことでした。

結果からわかる通り、冬の車中泊では、冬用の寝袋が必須となります。

車内温度/冬(JAFユーザーテスト)
冬の車内温度について実験、検証をしました。JAFユーザーテストは、JAFが独自に実施しユーザーの疑問に答える実験、検証です。

冬の車中泊に向けて寝袋を選ぶときには、快適温度コンフォート温度)」使用可能温度リミット温度)」をチェックしましょう。

快適温度コンフォート温度
一般的に代謝が低く、寒さに対する耐性が低い人が、リラックスした体勢で寒さを感じることなく睡眠できるとされる温度。

使用可能温度・リミット温度
一般的に代謝が高く、寒さに対する耐性が高い人が、寝袋のなかで丸まった状態で寒さを感じることなく睡眠ができるとされる温度。

参考:モンベルHP

車中泊ではエンジンをかけっぱなしにすることはできないため、車の暖房は使えません。
また、冬のキャンプ場やゲレンデ近くでの車中泊の場合、車内温度が氷点下になることもしばしば。

そのため、使用可能温度(リミット温度)が-10℃以下の厳冬期用寝袋を選んでおくと安心です。

なお、「快適温度」や「使用可能温度」は、メーカーによって呼び方が異なります。
詳しくは、各メーカーの公式ホームページや、ショップの店員さんに確認をしてみましょう。

冬の車中泊の防寒グッズ【3】マットレス

サーマレストのベースキャンプを愛用しています。

冬の車中泊の防寒グッズ、3つ目はマットレス。
防寒というと寝袋を思い浮かべやすいですが、マットレスも重要です

キャンプ用のマットレスには「R値」という値が記載されています。
R値はマットレスの断熱性を表した数値で、数値が高くなるほど断熱性が高いということになります。

車中泊では、車をフルフラットにしてマットレスを敷きますが、真冬の車内では厳しい底冷えが。
底冷えによって体温を奪われないようにするために、R値が高いマットレスを選びましょう。

なお、R値の基準は以下の通り。

2.0未満:心地よい夏の条件下での使用に適している
2.0以上:真夏と真冬の間に使用(3シーズンモデル)
4.0以上:雪の上や寒い環境下
6.0以上:北極などの極寒の地

参考:サーマレストHP

上記はあくまでも基準で、寒さの感じ方は人それぞれ。
寒さが苦手な人は、R値が高めのマットレスを選ぶことをおすすめします。

また、複数のマットレスを重ねて使用した場合、R値は足し算できることが特徴。

例えば、R値2.0のマットレスと2.4のマットレスを重ねて使用した場合は、R値4.4のマットレスとして考えられるということです。
すでにマットレスを持っている人は、ご自身のマットレスのR値を確認し、それに合わせて買い足すという方法もアリです。

マットレスの選び方については、以下の記事にも詳しく書いているので、ぜひご覧ください!

冬の車中泊の防寒グッズ【4】ポータブル電源

筆者のインスタグラムより。

冬の車中泊の防寒グッズ、4つ目はポータブル電源です。

「ポータブル電源が防寒対策になるの?」と疑問に思う人もいるかもしれませんが、1つ持っておくと安心です。

車中泊をしている間は、車のエンジンを切らないといけないため、車のエアコンは使えません。
しかし、ポータブル電源があれば、電気毛布や電気ストーブなど、暖をとるための電化製品を使えます。

また、ポータブル電源があると、トラベルマルチクッカーなどの電気調理器を使えるため、車内で温かい飲み物やスープを用意できます。
電気調理器は、道の駅や公共駐車場などの火気厳禁の場所も、安全に使用できるのでおすすめです。

冬の車中泊の防寒グッズ【5】電気毛布

ニトリの電気掛け敷毛布を使用しています。

冬の車中泊の防寒グッズ、5つ目は電気毛布です。

ポータブル電源を持っていることが前提となりますが、電気毛布を持っていると、より寒さをしのげます。
R値が高いマットレスの上に電気毛布を敷けば、底冷え対策は万全と言えるでしょう!

電気毛布には掛ける用、敷く用、掛け敷兼用の3種類があります。
個人的には、掛け敷兼用の電気毛布が車中泊におすすめ

掛ける用の電気毛布は、薄手で羽織りやすく、持ち運びに便利というメリットがあります。
その一方で、敷いて使うと、身体の重さや摩擦で配線が故障してしまう可能性が。

敷く用の電気毛布は、身体の重さがかかる前提で作られているので厚手で丈夫ですが、持ち運びにはやや不便。

掛け敷兼用の良い点としては、日中のキャンプにも使用しやすいことです。
真冬のデイキャンプでは、電気毛布をキャンプチェアに敷き、お尻から足元までくるむようにして使っています。
そうすることで、日影が多く寒い場所でのキャンプでも、寒さをしのぐことができます。

私はニトリの掛け敷兼用電気毛布を使用しています。
ただ、残念ながらニトリの掛け敷兼用の電気毛布は完売してしまったとのこと。

ニトリ以外でもいろいろな電気毛布があるので、ご自身の好みに合わせて選んでみてくださいね!

スポンサーリンク

冬の車中泊では服装も大事!「レイヤリング」でさらなる寒さ対策を

冬の車中泊での服装のポイント【1】「レイヤリング」を意識して空気の層を作ろう!

ユニクロの極暖とモンベルのインナーダウンを基本装備としています。

ウェアの構成を「ベースレイヤー」「ミドルレイヤー」「アウターレイヤー」の3層の重ね着とすることを、登山用語で「レイヤリング」と言います。

車中泊に限ったことではありませんが、その日の気温や環境に応じて、脱ぎ着できる服装にすることで、衣服内を快適に保てます。

ベースレイヤー
素早く汗を吸収拡散して肌をドライに保つことと、保温性の確保が主な目的。
季節により素材を選択しますが、冬場は保温性が高いものを選ぶと良いです。

ミドルレイヤー
登山では行動着と保温着それぞれ考える必要がありますが、車中泊での主な目的は保温性の確保が目的。
薄手のフリースや長袖のシャツなど、脱ぎ着しやすいものがおすすめです。

アウターレイヤー
登山では雨・風・雪などから体を守ることが目的。
車中泊ではこれらを考える必要は無いので、寒さに弱い人は、インナーダウンなどで保温性を高めるのも良いでしょう。

私は冬の車中泊のとき、上衣がユニクロの極暖ヒートテックとモンベルのインナーダウン、下衣がユニクロの極暖ヒートテックとスウェットという服装が多いです。

冷え込みが強い日は、もう1枚薄手の上着を着て調整しています。

冬の車中泊での服装のポイント【2】ネックウォーマーやゆったりめの靴下もおすすめ!

真冬にはネックウォーマーと靴下も欠かせません

防寒グッズを揃えて服装も完璧、そんな状態で寝袋に入っていざ車中泊!
それでも寒さが気になる日はあります。

例えば、寝袋のジッパー付近から首元に冷気が入ってきたり、外でキャンプをしたあとに車内へ入ったら足先が冷えていたり。

そんなときにネックウォーマーや靴下があると快適に眠れます。

注意点としては、就寝時に使用する靴下はゆったりしたものを用意することです。
普段履くような靴下では、締め付けが強すぎて逆に足が冷えてしまう可能性も。

寒さが苦手な人は、ネックウォーマーとゆったりした靴下を用意して、万全の態勢で車中泊に臨みましょう。

冬の車中泊のポイントや注意点!グッズ以外にも知っておきたい寒さ対策について

冬の車中泊のポイント【1】温泉で身体を温めてから就寝すると◎

温泉は心も体も温めてくれます。

ここまでご紹介した寒さ対策をすれば、冬の車中泊に安心して臨めます。
それでもより快適に過ごしたいという人には、温泉がおすすめ!

温泉で身体を温めれば、ポカポカしたまま車中泊の準備を整えることができます。
また、就寝の2時間前に入浴を済ませておけば、そのあとの入眠がスムーズになるという説も。

スキー場近くでの車中泊を考えている場合は、周辺に温泉施設が点在していることが多いです。
また、道の駅に温泉施設が併設されている場合も。

目的地周辺の温泉施設を検索しておくと、旅行気分も味わえて、車中泊の楽しさが倍増しますよ。

冬の車中泊のポイント【2】トイレが近くにある場所を選ぶ

トイレは徒歩圏内にあると安心。

冬の車中泊において、近くにトイレがあるかどうかはとても重要
寒さでトイレが近くなることが考えられますし、夜中に目が覚めてトイレに行きたくなったとしても、徒歩圏内にトイレがなかったら絶望的な状況です。

徒歩圏内にトイレがあったとしても、冬の夜中に数分間歩くとなると身体が冷え切って、車内に戻ったあとになかなか寝つけないということも。

そのため、トイレが近くにある場所で車中泊することをおすすめします。

万が一トイレがない、または悪天候で屋外に出られない場合の備えとして、携帯用トイレを車に積んでおくという手段もあります。

私はまだ使ったことはありませんが、万が一の事態を想定して携帯用トイレを常備しています。
災害用品としても使えるため、1つ持っておいても損はないと思いますよ。

冬の車中泊のポイント【3】豪雪地帯では雪かき用のスコップ等があると安心

スキー場近くでの車中泊では雪かきできる準備を。

スキー場近くでの車中泊の場合、一晩で車の周辺に雪が積もることもしばしば。

雪でマフラーがふさがれた状態でエンジンをかけてしまうと、排気ガスが車内に逆流し、一酸化炭素中毒になってしまう危険性も。
そのため、車中泊前に車周辺の雪かきを済ませ、夜間の積雪に備えることが大切です。

私は積雪が予測される場所で車中泊をする場合は、ほとんどがゲレンデ近くです。
そのためスノーボードで雪をよけてしまっていますが、スコップの方が効率的なのは明らかです(笑)。

ウィンタースポーツ目的でない場合は、スコップなどの雪かきができる道具を備えておくことをおすすめします。

冬の車中泊のポイント【4】寒くてもエンジンかけっぱなしはNG

車中泊中のエンジンかけっぱなしは絶対しないように!

冬の車中泊に慣れていない場合、エンジンをかけっぱなしにして暖房を使いたくなりますが、エンジンのかけっぱなしはやめましょう。

安全面では、エンジンをかけっぱなしにして長時間停車していると、車内に排気ガスが逆流し一酸化炭素中毒になる恐れがあります。
特に冬の車中泊では、積もった雪でマフラーがふさがれ死亡事故につながる可能性も。

マナーの観点では、まずは大気汚染。
アイドリングを一晩中すると、大量の排気ガスが空気中に排出されてしまいます。

また、エンジンをかけっぱなしにすると周囲に音が響き、迷惑がかかります。
私も道の駅で車中泊をしたときに、近くに停まっていた車が1時間ほどエンジンをかけっぱなしにしていて、音が気になり寝つけなかったという経験があります。

以上の理由から、車中泊中は必ずエンジンを切りましょう。

寒さ対策を万全にして冬の車中泊を楽しもう!

ゲレンデ頂上からの景色は圧巻!

今回は、冬の車中泊について解説しました。

冬の車中泊では、翌朝に澄んだ空気とキレイな景色に触れることができたり、朝一番のパウダースノーを楽しめたりと、ほかの季節にはない魅力がたくさんあります!

今回の記事を参考に、寒さ対策を万全にして、冬の車中泊を楽しみましょう!

その他の車中泊関連記事はこちら!

暑い夏にも車中泊を楽しみたいあなたへ!快適に過ごすために必要なアイテムや注意点をお伝えします
晴れた夏の日にドライブをして気ままに車中泊という旅もなんだか楽しそうですよね!しかし、夏の車内温度は上昇しやすく、車中泊するためには十分な対策が必須。今回は車中泊が趣味の私が実際に使用している道具を紹介しつつ、夏の車中泊を快適に過ごすための方法をお伝えします!
車中泊ソロキャンプのおすすめグッズを公開!マットレスや寝袋、サンシェードなど
車中泊ソロキャンプに挑戦したい方は多いのではないでしょうか?今回はそんな人たちに向けて、私が愛用している車中泊ソロキャンプのグッズをご紹介!車中泊に最低限必要なグッズがわかる記事になっています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました