西丹沢大滝キャンプ場をレビュー! 川沿いキャンプに本格ピザ窯など魅力がたくさん

キャンプ場

神奈川県内で多くのキャンプ場が集まる場所、西丹沢。今回は、その中でも人気が高い『西丹沢大滝キャンプ場』を紹介します。西丹沢大滝キャンプ場は、キレイな川やピザ窯でのピザづくり体験など、多くの魅力があるキャンプ場です。さらには、犬連れキャンパーが利用しやすいサービスも。次回のキャンプ地に迷っている人は、必見ですよ!

スポンサーリンク

西丹沢大滝キャンプ場の概要

西丹沢大滝キャンプ場へのアクセス

入り口の看板を見逃さないよう注意です。

アクセス
・車の場合
 :東名高速道路大井松田I.C.から約40分。
・公共交通機関の場合
 :小田急線新松田駅からバスで約60分「大滝橋」バス停で下車。

オートキャンプ
・受付時間   :14:00~17:00
・チェックアウト:10:00
・料金     :車1台5,500円(4人まで含む)、バイク1台1,650円(1人)

デイキャンプ
・チェックイン :11:00
・チェックアウト:16:00
・料金     :車・バイク1台770円、1人770円

バンガロー・ログハウス
・受付時間   :14:00~17:00
・チェックアウト:10:00 ・料金     :11,000円~44,000円

※料金は税込み価格。
※オートキャンプ・デイキャンプはアーリーチェックイン・レイトチェックアウトが可能。
※アーリーチェックイン・レイトチェックアウトは車1台1,100円+1人1,100円。
※そのほかの詳しい情報は、公式ホームページをご確認下さい。

西丹沢大滝キャンプ場は、神奈川県西部の山北町にあるキャンプ場です。

車でのアクセスは、東名高速道路大井松田I.C.から40分ほど。
西丹沢大滝キャンプ場への道中には、道幅が狭く、すれ違いが難しい場所があります。
運転に自信がない人は、時間に余裕をもって向かうことをおすすめします。

大井松田I.C.から西丹沢大滝キャンプ場までの間には、スーパーやコンビニはありません。
道中で買い出しを済ませたい場合は、大井松田I.C.近くの『食品館あおば大井松田店』か、『ヤオマサ大井町店』を利用しましょう。

道中には『道の駅山北』もあるので、地域の特産品を買うのもおすすめです!
2021年9月に道の駅山北へ立ち寄ったときには、薪やスウェーデントーチの販売もされていましたよ。

公共交通機関を利用する場合は、小田急線新松田駅からバスで約60分。
大滝橋バス停で下車後、西丹沢大滝キャンプ場の受付まで徒歩2~3分ほどです。

新松田駅周辺では、『セブンイレブン小田急新松田店』で買い出しができます。
大きなスーパーは無いので、生鮮食品を買いたい人は、事前に済ませておきましょう。

西丹沢大滝キャンプ場の予約について

バンガロー・ログハウスは事前予約が可能。

西丹沢大滝キャンプ場は、ログハウスとバンガローのみ、電話での事前予約が可能。
土日や繁忙期は電話がつながりづらいことも予想されるので、余裕をもって予約をしておきましょう。

オートキャンプとデイキャンプは、区画サイトではないので予約は受け付けていません。
西丹沢大滝キャンプ場のブログによると、土日や繁忙期などの混みあう時期は、アーリーチェックインが勧められています。

アーリーチェックインの価格は、車1台1,100円に加え、1人1,100円(税込み)。
受付は9時から可能とのことでした。
満員になる前に入場できるか心配という人や、グループで広々と場所を確保したいという人は、アーリーチェックインを検討しても良いかもしれませんね。

なお、西丹沢大滝キャンプ場では、レイトチェックアウトも受け付けているとのこと。
レイトチェックアウトの価格は、アーリーチェックインと同様です。

1日目の朝から翌日の夕方まで遊び倒したいという人には、ピッタリのプランですね!

コインシャワーと近隣の温泉について

コインシャワーは300円で5分間利用可能。

西丹沢大滝キャンプ場では、コインシャワーを利用できます。
コインシャワーは、300円で5分間使用が可能です。

シャワーではなくお風呂に入りたいという人は、中川温泉がおすすめ。

キャンプ場へ向かう道中には中川温泉があります。

中川温泉には、『丹沢ホテル時之栖』や『町立中川温泉ぶなの湯』など、日帰り温泉でゆっくりできる場所があります。

また、丹沢ホテル時之栖には、2021年7月にオープンしたグランピングエリアも。
1泊2食付きで、温泉や、丹沢湖でのSUP体験ができるので、気になる人はホームページをチェックしてみてくださいね。

神奈川県足柄 中川温泉|丹沢ホテル時之栖(ときのすみか)【旧あしがら荘】|公式HP
「あしがら荘」として長年ご愛顧頂いていた施設を時之栖が運営することとなりました。新しくなった丹沢ホテル時之栖で、美人の湯と名高い温泉をご堪能ください。
泊まる・日帰り | 山北町観光協会公式サイト
町のほぼ中央に「ダム湖百選」に選ばれた丹沢湖を擁する山北町。町域の大半を占める丹沢山地は美しい山々が連なり、山岳登山、ハイキングにもってこいです。町を縦断する中川川沿いにはキャンプ場、渓流釣り場、そして中川温泉。ファミリーで、お友達同士で、カップルで、自然をめいっぱい満喫するなら是非、山北町へお越しください。

西丹沢大滝キャンプ場の感染症対策

炊事場には手洗い石鹸とアルコール消毒液が設置されていました。

西丹沢大滝キャンプ場では、感染症対策がしっかり行われていました。

受付にはビニールのカバーが設置されており、飛沫が飛ばないよう工夫がなされていました。
炊事場にはアルコール消毒液や手洗い石鹸が用意されています。

西丹沢大滝キャンプ場のブログによると、緊急事態宣言中は、フリーサイトへの入場を車50台にまで制限しているとのこと(2021年9月10日現在)。

場内でキャンパー同士が密にならないよう、配慮がなされています。

スポンサーリンク

西丹沢大滝キャンプ場のサイトをチェック!

西丹沢大滝キャンプ場のサイト【1】フリーサイト

川に突き当たって左側に進んだフリーサイト。

西丹沢大滝キャンプ場のフリーサイトは、川沿いに広がっています。

区画は無いので、平日などの空いている日であれば広々とテントやタープを張ることも可能。
そのため、開放的な雰囲気を味わえますよ。

西丹沢大滝キャンプ場のフリーサイトは、いろいろな風景を楽しめることが特徴。
そのため、何度も足を運んで、自分のお気に入りの場所を見つける楽しみがあります。

下の写真は、川に突き当たって右側に進んだ場所にあるサイトです。

川に突き当たって右側に進んだ場所にあるサイト。

グループでのキャンプにちょうど良い広さのサイトや、木々に囲まれてプライベート感を味わえるサイトなど、魅力的な場所がたくさんあります。

また、受付から川へ下りていく途中にも、魅力的なサイトが。

川沿いに下りていく途中にあるので、見逃してしまいそうになるサイトです。
石垣や段差でスペースが区切られているので、こちらもプライベート感を味わえそうですね!

ただし、このサイトは車での乗り入れはできません。
そのため、ツーリングや公共交通機関でキャンプに行く人におすすめです。

西丹沢大滝キャンプ場のサイト【2】ログハウス・バンガロー

ログハウス・バンガロー前の共有スペース。

西丹沢大滝キャンプ場では、ログハウス・バンガローでのキャンプも楽しめます。

公式サイトを確認すると、6人用の小さなものから、最大で40人用の広々としたものまで。
サークル仲間や、仲良し家族合同でのキャンプも楽しそうですね!

ログハウスやバンガローは、キャンプファイヤースペースの目の前にあるタイプや、森に囲まれたタイプが設置されています。

森に囲まれたバンガローの中には、デッキが設置されているものも。

お気に入りのチェアを広げて、コーヒーやお茶を飲みながらのんびりする時間にピッタリの場所ですね。

西丹沢大滝キャンプ場の魅力

西丹沢大滝キャンプ場の魅力【1】河内川がとにかくキレイ

河内川は穏やかでとてもキレイです。

西丹沢大滝キャンプ場の魅力の1つ目は、場内を流れる河内川がとにかくキレイなことです。

西丹沢大滝キャンプ場のフリーサイトは、河内川の目の前がメインスペース。
目の前で川を眺めたり、高台から川の音を聞いたりと、川の魅力をたっぷりと味わえます。

また、雨の日でなければ、流れが穏やかで水深は浅いので、ちょっとした川遊びにピッタリ。
私がキャンプをした日には、小さなお子さんや、愛犬と水浴びをして楽しんでいる人がいましたよ!

西丹沢大滝キャンプ場の魅力【2】本格ピザ窯でのピザづくり体験

本格的なピザ窯。

西丹沢大滝キャンプ場の魅力の2つ目は、ピザ窯でのピザづくり体験ができること。
受付横の炊事場スペースに、本格的なピザ窯が設置されています。

西丹沢大滝キャンプ場のオーナーは、フードコーディネーターの資格を持っていたり、コーヒーに精通していたりと、食に関する知識が豊富。
ピザだけでなく、いろいろな食材の話をするだけでも楽しいです。

ピザ窯は、持ち込みのピザを焼くときにも使用できるとのこと。
バーナーでの料理も楽しいですが、家族や友人と一緒にピザづくりをするのも楽しそうですね!

西丹沢大滝キャンプ場の魅力【3】直火での焚き火ができる

場内には程よい石がたくさん。

西丹沢大滝キャンプ場の魅力の3つ目は、直火での焚き火が可能なことです。
近年は、直火での焚き火を禁止するキャンプ場が増えているため、直火好きには嬉しいですね!

場内には焚き火にちょうど良い石がゴロゴロとあります。
直火初心者の人でも、挑戦しやすい環境ですよ。

西丹沢大滝キャンプ場の魅力【4】犬連れキャンパー優先の「11(わんわんDAY)」

西丹沢大滝キャンプ場スタッフの結ちゃん。

西丹沢大滝キャンプ場の魅力の4つ目は、犬連れキャンパー優先の「わんわんDAY」があること。

わんわんDAYは、毎月11日に設定されています。
愛犬と一緒にキャンプを楽しみたいキャンパーにとっては、嬉しいイベントですね!

わんわんDAYを開催しているだけあり、場内には広々としたドッグシャワーも。

ドッグシャワーは広々として使いやすそうでした。

愛犬と一緒に川遊びを楽しんだあとも安心です。

なお、わんわんDAYを楽しむためには、利用規約に同意する必要があります。
利用規約と同意書は、公式ホームページに掲載されているので、気になる人はチェックしてみてくださいね。

西丹沢大滝キャンプ場を利用するときの注意点

西丹沢大滝キャンプ場を利用するときの注意点【1】ゴミはすべて持ち帰り

ゴミはすべて持ち帰りです。

西丹沢大滝キャンプ場を利用するときの注意点の1つ目は、ゴミはすべて持ち帰りになるということ。
有料でのゴミ回収も行われていません。

西丹沢大滝キャンプ場を利用するときは、自分でゴミ袋を用意し、サイトをキレイに片づけましょう。

西丹沢大滝キャンプ場を利用するときの注意点【2】フリーサイトの奥は仮設トイレしかない

フリーサイトの奥は、仮設トイレしかありません。

西丹沢大滝キャンプ場を利用するときの注意点の2つ目は、フリーサイトの奥には仮設トイレしかないこと。

仮設トイレは、通常より少し狭かったり、臭いが気になったりしやすいです。

通常のトイレは受付近くにあります。
そのため、仮設トイレが苦手だという人は、受付から離れすぎないようにしましょう。

西丹沢大滝キャンプ場で楽しいキャンプを!

筆者のインスタグラムより。

今回は、西丹沢大滝キャンプ場をご紹介しました。

西丹沢大滝キャンプ場は、フリーサイトでお気に入りの場所を探したり、ピザづくりを体験したり、何度も足を運びたくなるような魅力的なキャンプ場です。

今回の記事を参考に、次回のキャンプの候補地にぜひ入れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました