青野原野呂ロッジキャンプ場をレビュー!ソロにもファミリーにもおすすめ

キャンプ場

道志川沿いのキャンプ場、行ってみたいな~。

アクセスの良い道志川沿いのキャンプ場があれば知りたい!

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

青野原野呂ロッジキャンプ場、おすすめです!

青野原野呂ロッジキャンプ場は、ソロキャンプ・デュオキャンプにお得なプランや、グループ利用に最適なバンガローやトレーラーハウス、道志川での釣りなど魅力たっぷり!スーパーマーケットや高速道路からのアクセスも良好です!次回のキャンプ地を探している人は、要チェックですよ!

スポンサーリンク

青野原野呂ロッジキャンプ場の概要

アクセスと近隣のスーパー

入り口付近の看板。

青野原野呂ロッジキャンプ場(旧:青野原キャンプ場)

【アクセス】

・車の場合
 :圏央道相模原I.C.から約20分
 :中央道相模湖I.C.から約30分

・公共交通機関の場合
 :JR橋本駅、またはJR相模湖駅からバスで「三ヶ木」行きバスに乗り終点で下車。
  三ヶ木から「東野」行き、または「月夜野」行きバスに乗り、「青野原」で下車。
  「青野原」から徒歩7分。

【利用タイプ】

  • テントサイト
  • バンガロー
  • トレーラーハウス
  • デイキャンプ

【チェックイン】

  • テントサイト  :13:00~16:00(夏季は14:00~16:00)
  • バンガロー   :13:00~16:00(夏季は14:00~16:00)
  • トレーラーハウス:13:00~16:00(夏季は14:00~16:00)
  • デイキャンプ  :9:00~

【チェックアウト】

  • テントサイト  :11:00
  • バンガロー   :10:00
  • トレーラーハウス:10:00
  • デイキャンプ  :17:00

※料金の支払いは現金のみ。
※利用料金や最新の情報は公式サイトをご覧ください。

青野原野呂ロッジキャンプ場は、神奈川県相模原市に位置するキャンプ場。

圏央道相模原I.C.から約20分、または中央道相模湖I.C.から約30分と、高速道路からのアクセスが良好です。

公共交通機関を利用する場合は、JR橋本駅、またはJR相模湖駅からバスを乗り継ぎ、青野原停留所で下車。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

青野原停留所からは徒歩7分ほどです!

近隣の買い出しスポットとして、スーパー『マルエツ三ヶ木店』があります。

マルエツ三ヶ木店は、青野原野呂ロッジキャンプ場から車で約10分と好立地。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

万が一買い忘れがあったとしても安心ですね!

料金の支払いは現金で

青野原野呂ロッジキャンプ場に到着したら、受付横に車を停車しチェックインを済ませます。

料金の支払いは現金のみ

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

キャッシュレス派の人は現金をお忘れなく…!

売店では、薪や炭、ビールやワインなどのアルコール、アイスやスナック菓子などの販売が行われています。

個人的なおすすめは、青野原野呂ロッジキャンプ場オリジナルドリップコーヒー。

素敵なパッケージは、従業員の方がデザインされたのだそう。

ドリップコーヒーのパッケージは、キャンプ場の従業員の方がデザインしたとのこと。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

私が利用したときには、パッケージのデザインは3種類ありました!キャンプの思い出にもおすすめです!

予約は電話のみ

受付。

青野原野呂ロッジキャンプ場の予約は電話対応のみ。

予約受付時間は、9:00~17:00までとなっています。

また、土日やハイシーズンには電話がつながりづらいことも

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

8月にデイキャンプの予約をしたときには、10分ほど経ってやっとつながりました…!

そのため、青野原野呂ロッジキャンプ場の予約は余裕を持って行いましょう。

スポンサーリンク

青野原野呂ロッジキャンプのサイト紹介

テントサイト(オートキャンプ):高台から川を眺められる

川沿いから1段高い場所にあるテントサイト。

青野原野呂ロッジキャンプ場のテントサイトは、川沿いより1段高い場所に。

少し高い位置から道志川を眺められるので、ゆっくり過ごすにはピッタリです!

テントサイトの広さは約8m×6mで、車1台にテントとタープがそれぞれ1張りずつほど

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

大型のテントの場合は、車1台+テントでピッタリぐらいのスペースです!

「スペースが狭いかも…」という人は、区画外に車を停めることも可能。

区画外に駐車する場合は、別途1000円の駐車料金がかかるので注意してくださいね!

デイキャンプサイト:道志川沿いに広がる絶景ポイント

山側に車を停めて、川沿いにタープを張るデイキャンプサイト。

青野原野呂ロッジキャンプ場のデイキャンプサイトは、道志川沿い設けられています。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

夏休みのデイキャンプに最適なロケーション!

デイキャンプサイトは、受付から川沿いへ下りた左手(山側)に駐車スペースがあります。

車を停めたあと、思い思いの場所にタープを張れば準備完了です。

ワンタッチタープや椅子のレンタルもあるので、手ぶらで気軽にデイキャンプを楽しめますね!

なお、デイキャンプ利用者が少なく、川の増水の心配がない日に限っては、川沿いでのテント泊も可能とのこと。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

川沿いテント泊が可能かどうかは、キャンプ場に問い合わせてみましょう!

バンガロー:ゆったり過ごすのに最適

バンガローは4種類。

青野原野呂ロッジキャンプ場では、バンガローも用意されています。

バンガローは6畳が1棟、6畳+ロフト付きが2棟、32畳が1棟の計4棟。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

テントを持っていない人や、小さなお子さんがいる人にとっては使いやすそうですね!

また、ロフト付きのうち1部屋と、32畳のバンガローには、薪ストーブがついているとのこと。

冬には薪ストーブがあるバンガローで、雰囲気あるキャンプを楽しんでも良さそうです。

2022年11月からトレーラーハウスがオープン!

トレーラーハウス。

2022年11月から、新たにトレーラーハウスがオープンしました!

トレーラーハウスは『タイニーハウス』・『カーゴレッド』・『カーゴホワイト』の3種類

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

トレーラーハウス内にはエアコンがあり、夏や冬でも快適に過ごせそうです!

トレーラーエリアの最終完成は、常設タープの設置やエリアの更なる整地が必要とのこと。

そのため、しばらくは「トレーラーエリア・スタートプラン料金」でお得に利用できるようです

トレーラーエリア・スタートプラン料金

【タイニーハウス】
・人数:3名(車1台込み)
・料金:22,000円

【カーゴレッド】
・人数:2名(車1台込み)
・料金:15,000円

【カーゴホワイト】
・人数:2名(車1台込み)
・料金:15,000円

※各トレーラーハウスで人数の追加は1名まで可能。
※ファミリーでの利用の場合、人数の相談可能。

▼トレーラーハウスの詳細(公式サイト)

トレーラーエリアのご案内 – 青野原 野呂ロッジキャンプ場
見晴らしの良いエリアにご用意させていただいたトレーラーハウスにご宿泊いただけます。お部屋から見える大自然をたっぷり満喫。タイニーハウスやカーゴトレーラーなど、豊富な種類のトレーラーをお楽しみ下さい。

青野原野呂ロッジキャンプ場のおすすめポイント!

おすすめポイント【1】道志川での釣りや川遊び!

エメラルドグリーンに輝く道志川。

道志川での釣りや川遊びが一番の魅力!

川沿いキャンプ場の魅力は、やはり川遊び!

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

特に、真夏の川遊びは最高です!

元気な子どもたちは、キャンプ場のシンボル的存在となっている『飛び込み岩』からダイブしていました。

青野原野呂ロッジキャンプ場の『飛び込み岩』。

子どもだけでなく、童心に帰りたい大人もぜひ試してみてくださいね。

その他にも、あゆ釣りやニジマスのつかみ取りも楽しめるとのこと。

売店でおとり用のあゆや、つかみ取り用のニジマスが販売されているので、興味がある人は問い合わせてみましょう。

なお、売店では子ども用のライフジャケットのレンタルも

安心して子供を遊ばせられるのは嬉しいですね!

公式サイトによると、2022年11月現在、あゆ釣り用のあゆの販売はしていないとのこと。釣りの可否については、キャンプ場へご確認ください。

おすすめポイント【2】ソロキャンプ・デュオキャンププランがお得

筆者のインスタグラムより。

ソロキャンプ・デュオキャンプはお得に利用できる!

ソロキャンププランは、通常1区画4500円~のところ、バイクは2000円、車は2500円とかなりお得

デュオキャンププランの場合は、ソロキャンププランにプラス1100円で利用できるとのことでした。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

ソロキャンパー・デュオキャンパーは利用必須のプランです!

ただし、ゴールデンウィーク・夏期シーズン・年末年始はソロキャンププラン・デュオキャンププランの設定はありません

利用可能期間については、公式ホームページをチェックしてみてくださいね。

▼ソロキャンプ・デュオキャンププランについて(公式サイト)

ソロキャンププランのご案内 – 青野原 野呂ロッジキャンプ場
バイク1700円、お車2200円でテントサイトにお泊まりいただけるお得なプランです。ぐるりと囲む自然は、春の力強い芽吹き、初夏の迫りくる緑、秋の色とりどりの紅葉、冬の立ち迫る正面の立岩、と四季折々をお楽しみいただけます。

おすすめポイント【3】直火での焚き火OK

川沿いには岩がゴロゴロ。

直火での焚き火ができる!

最近では直火禁止のキャンプ場が増えているので、直火が好きな人にとっては嬉しいですね!

川沿いに位置するキャンプ場だけあって、場内には程よい岩がゴロゴロあります。

初めて直火での焚き火にチャレンジする人にとっても、良い環境ですよ。

なお、トレーラーエリアでの直火は禁止されています。

トレーラーエリアプランでの焚き火は、備え付けの焚き火台を利用しましょう。

青野原野呂ロッジキャンプ場利用時の注意点

注意点【1】ゴミはすべて持ち帰り

ゴミと思い出はお持ち帰り。

青野原野呂ロッジキャンプ場では、ゴミはすべて持ち帰りとなっています。

有料でのゴミ回収も行っていないので、ゴミ袋を忘れずに持参しましょう。

注意点【2】電源サイトはない

青野原野呂ロッジキャンプ場には、電源サイトはありません。

青野原野呂ロッジキャンプ場には、電源サイトはありません

そのため、電化製品を使いたい場合は、ポータブル電源など、ご自身で電源を確保しておきましょう。

青野原野呂ロッジキャンプ場で川沿いキャンプを満喫!

青野原野呂ロッジキャンプ場から歩いて20分ほどの場所にある『大滝』。

今回は『青野原野呂ロッジキャンプ場』をご紹介しました。

青野原野呂ロッジキャンプ場は料金が安く、アクセス良好で利用しやすいキャンプ場です!

また、キャンプ場から歩いて20分ほどの場所には、神奈川の名滝16選に選ばれている『大滝』があり、自然を満喫したい人にはピッタリ。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

青野原野呂ロッジキャンプ場、おすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました