小田原の海沿いキャンプ場『なみのこ村』をレビュー! 釣りやバーベキューも楽しめる

キャンプ場

今回は、神奈川県小田原市の海沿いキャンプ場である『なみのこ村』をご紹介。なみのこ村では、海を眺めながらのキャンプや、釣り・バーベキュー・スキューバダイビングといったレジャーを楽しめます。東海道線の根府川駅から徒歩10分と、車を持っていないキャンパーにもおすすめ!海沿いのキャンプを楽しみたい人は、要チェックですよ!

スポンサーリンク

なみのこ村の概要|車でも電車でもアクセス良好

なみのこ村へのアクセス

筆者のインスタグラムより。松林に囲まれたオートサイト。

アクセス
・車の場合:小田原厚木道路・西湘バイパス石橋I.Cより約10分
・公共交通機関の場合:JR東海道本線根府川駅から徒歩10分

オートサイト
・チェックイン :11:00
・チェックアウト:10:00
・料金     :4,300円(駐車料・温水シャワー料込み)

デイキャンプ
・利用時間   :11:00~17:00
・料金     :2,800円(駐車料・温水シャワー料込み)

ログキャビン
・チェックイン :11:00
・チェックアウト:10:00
・料金     :11,000円~40,000円

※取り扱いは現金のみ。
※すべてのプランに別途入村料(大人1人800円・子ども(4歳~小学生)1人500円)がかかります。
※電源を利用する場合は、別途電源使用料1,000円がかかります。
※その他詳細は公式ホームページをご確認ください。

なみのこ村は、神奈川県小田原市にある海沿いのキャンプ場。

車で向かう場合、小田原厚木道路、または西湘バイパスの石橋I.Cより約10分と、アクセス抜群です。
公共交通機関を利用する場合は、JR東海道本線根府川駅から徒歩10分と、こちらもアクセス良好。
車を持っていない人でも利用しやすいのは、嬉しいですね!

車で向かう場合、なみのこ村の入り口はややわかりづらくなっています。
特に東京方面からの場合は、トンネルを抜けた直後に入り口が現れるので要注意。

なみのこ村へ続く道の手前には、定食屋さんが立ち並んでいます。

なみのこ村の入り口手前には、海鮮丼や定食の看板が出ています。

写真のように海鮮丼や和食ののぼりが出ているので、それらを目印にすると、わかりやすいですよ。

受付は併設のカフェで レンタルや食材の販売はなし

なみのこ村内にあるカフェ『魚魚櫓』。

なみのこ村の受付は、併設のカフェテリアである『魚魚櫓(ととろ)』で行います。

魚魚櫓では、同時に薪や炭の購入も可能。
薪は1コンテナ1000円、炭は1kg600円で購入できます。

なみのこ村では、キャンプ用品のレンタルはありません。
そのため、普段レンタルを利用することが多い人は注意が必要です。

また、なみのこ村では食材の販売もありません。

ただし、なみのこ村入り口の目の前には『湘南メンチ』というお肉を扱うお店があります。
また、道中には『鈴廣かまぼこ石橋店』や『干物の山安根府川店』、さらには『小田原漁港』など、小田原名物の食材を購入できる場所が多数。
また、なみのこ村から徒歩10分の場所には『ローソン西湘江之浦店』もあります。

小田原のかまぼこや海産物はとても美味しいです。
食材を買いながら小田原の街を楽しみ、キャンプ場へ向かうのも楽しいですよ!

予約は電話のみ 海沿いサイトを確保するには早めの予約を!

海沿いサイトから見える風景。

なみのこ村の予約は、電話での受付のみ。
トップシーズン(7月中旬~8月末日)以外は定休日があるので、注意が必要です。

また、オートサイトは合計14か所ありますが、海の目の前に面しているのは5サイトのみ。
確実に海沿いサイトを確保したい場合は、余裕をもって予約することをおすすめします。

スポンサーリンク

なみのこ村のサイトをチェック!

海沿いに広がるオートサイト

道の左が海沿いサイト、右が山側サイト。

なみのこ村のオートサイトは、海に沿って設けられています。
海の目の前のサイトは5サイトと限られていますが、山側サイトも落ち着いた雰囲気でなかなか良いものでした。

オートサイトの広さは、車1台にテントとタープが1張りずつほど。

私は山側サイトに宿泊しました。

松林でゆったりと区切られているので、程良いプライベート感を味わえるサイトとなっています。

なみのこ村のオートサイトの特徴は、なんといっても海を眺めながらキャンプを楽しめるところです。

海沿いサイトから見た朝の風景。

海の目の前のサイトは数が限られていますが、確保できれば雄大な海を目の前で楽しむことができます。

万が一海沿いサイトが空いていなかったとしても、キャンプ場内には海を眺められるスポットはたくさんあります。

海沿いに設けられたベンチ。

ブランコに揺られてみたり、ベンチに座ってゆったりしてみたりと、海を楽しむ方法は様々。

波の音を聞きながらのんびり過ごすキャンプは、癒し効果抜群でした。

テラス付きのログキャビンは2棟

ログキャビンは2棟ありました。

なみのこ村では、ログキャビンでのキャンプも楽しめます。

なみのこ村ではキャンプ用品の貸し出しは行っていません。
そのため、テントを持っていない人はログキャビンでのキャンプがおすすめ。

なみのこ村のスタッフの方に確認したところ、2棟あるログキャビンは、それぞれ最大5名まで宿泊できるとのことでした。

ログキャビンには、ベンチやテーブル付きのテラスが設けられているので、波の音を聞きながらテラスで過ごすのも良さそうですね!

また、ログキャビンの目の前にはバーベキューテラスも。

屋根付きのバーベキューテラスは広々。

バーベキューテラスは全部で3棟あります。
日帰りのバーベキュー客が帰ったあとには、ログキャビン宿泊者も利用できるとのことでした。

3棟のうち2棟のバーベキューテラスには電気がついているので、暗くなってからでも安心して利用が可能。
晩ご飯は広々としたバーベキューテラスで楽しむのも良さそうですね!

サイトの中央にはかまどがある

かまどと灰捨て用のドラム缶。

サイトの中央には炊事場とかまどが用意されています。
炊事場を含め、なみのこ村内の水はすべて飲用可能とのことでした。

かまどは計4つ。
かまどを利用するための予約は必要なく、空いていれば自由に使って良いとのことでした。

また、かまどの前には、焚き火で出た灰を捨てるドラム缶も。
なみのこ村では、ゴミは基本的に持ち帰りですが、灰だけでも処理していけるのは嬉しいですね!

なみのこ村の魅力!

なみのこ村の魅力【1】海のレジャーを楽しめる

根府川ダイビングサービスの建物。

なみのこ村の魅力の1つ目は、海のレジャーを楽しめることです。

なみのこ村のサイト奥には、『根府川ダイビングサービス』というダイビングショップがあります
根府川ダイビングサービスに事前に申し込みをすれば、相模湾でのダイビングを楽しめるとのこと。
なみのこ村の公式ホームページ内に、ダイビングショップの連絡先も記載されているので、興味がある人はチェックしてみてくださいね。

また、なみのこ村から徒歩2~3分ほどの場所には、海釣りを楽しめるスポットも。

なみのこ村から徒歩2~3分ほどの場所にある釣りスポット。

私がキャンプをした日にも、多くの人が釣りを楽しんでいました。
なみのこ村から歩いてすぐなので、朝早くからの釣りも可能。

キャンプと釣りの両方が趣味の人にとっては、かなり魅力的ですね!

なみのこ村の魅力【2】清潔感がある温水シャワーが実質無料!

シャワールームは清潔感がありました。

なみのこ村の魅力の2つ目は、温水シャワーが完備されていること。
海風によって肌がべたついたとしても、就寝前にスッキリすることができますね。

また、キャンプ場利用代金の中に、温水シャワーの利用代金も含まれています。
実質無料で温水シャワーを使えるのは嬉しいですね!

シャワーブースは清潔感があり、手前には荷物置き場が用意されているので、使い心地はバッチリ。
また、温水のため、冬場でも安心して使用が可能です。

温水シャワーの台数は全部で3台。
夏や土日は混みあう可能性も考えられるので、マナーを守って利用するよう心がけましょう。

なみのこ村の魅力【3】電源サイトもある

隣のサイトとの間に電源がありました。

なみのこ村の魅力の3つ目は、電源サイトを利用できることです。

すべてのオートサイトではないようですが、電源を利用できるのは嬉しいですね。
電源の利用を希望するときには、予約のときに電源付きサイトの空きを確認しておきましょう。

ただし、電源を利用する場合には、電源使用料の1000円を支払う必要があるので、注意が必要。

確実に電源を確保したい人は、ポータブル電源を用意しておくのもおすすめです!

なみのこ村の魅力【4】日帰りでのバーベキューも楽しめる

バーベキューテラス前にはバスケットのゴールがありました。

なみのこ村の魅力の4つ目は、日帰りでのバーベキューも楽しめること。
バーベキューテラスには大きな屋根がついており、多少の雨でもバーベキューを楽しむことができます。

バーベキューの食材は、なみのこ村併設のカフェ魚魚櫓に、事前注文することが可能。
そのため、手ぶらでなみのこ村に来てバーベキューを楽しむことができます。

持ち込み量はかかりますが、バーベキューセットや食材の持ち込みもOKとのこと。
ただし、持ち込みのバーベキューエリアには屋根がついていないので、天候には注意が必要です。

なみのこ村を利用するときの注意点

なみのこ村を利用するときの注意点【1】ゴミは基本的に持ち帰り

受付で配られる注意事項。

なみのこ村利用時の注意点の1つ目は、ゴミは基本的に持ち帰りになるということです。
ただし、有料でのゴミ回収は行われているので、必要な人は利用しましょう。

スタッフの方に話を聞いたところ、ゴミ回収の値段は量によって決まり、1袋100円程度とのことでした。

また、ゴミの分別は細かく決まっているので、ゴミ回収を利用する人は正しく分別をしましょう。

なみのこ村を利用するときの注意点【2】直火での焚き火は禁止

愛用しているDODの焚き火台『ぷちもえファイヤー』。

なみのこ村利用時の注意点の2つ目は、直火での焚き火が禁止されていること。

また、なみのこ村では、焚き火台のレンタルはありません。

そのため、焚き火をしたい人は、必ず焚き火台を用意しましょう。

なみのこ村を利用するときの注意点【3】遊泳禁止

潮の流れが速く危険なのだそうです。

なみのこ村利用時の注意点の3つ目は、目の前の海での遊泳は禁止されていること。

スタッフの方に話を聞いたところ、潮の流れが速く、危険だとのことでした。

なみのこ村での海の楽しみ方は、釣り・ダイビング・眺めるの3つだけにしておきましょう。

なみのこ村は海沿いのキレイな景色を楽しめるキャンプ場

筆者のインスタグラムより。朝陽がとてもキレイでした。

今回は、神奈川県小田原市の海沿いキャンプ場『なみのこ村』をご紹介しました。

波の音を聞いたり、夕焼け・朝焼けの海を眺めたりと、海の魅力をたっぷりと味わえるなみのこ村。

今回の記事を参考に、次回のキャンプの候補地にぜひ入れてみてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました