ペトロマックスの『アラミドプロ300』は、耐熱性とデザインが魅力の焚き火グローブ。

キャンプギア

焚き火はキャンプの大きな楽しみの1つですよね!焚き火を思いっきり楽しむためには、焚き火グローブは欠かせないアイテム。今回は数ある焚き火グローブの中から、ペトロマックスの『アラミドプロ300』をご紹介します。アラミドプロ300は、高い耐熱性とデザイン性を兼ね備えた優秀な焚き火グローブ。どのグローブを選べば良いか迷ったら、アラミドプロ300を選んでおけば間違いなしです!1年以上愛用している私が、アラミドプロ300の魅力を余すところなくお伝えします。

スポンサーリンク

アラミドプロ300は、オイルランタンの老舗メーカー『ペトロマックス』の焚き火グローブ

オレンジ色のレザーと、ペトロマックスのロゴが印象的な『アラミドプロ300』。

ペトロマックス『アラミドプロ300』

サイズ  :フリーサイズ(全長約40cm)
素材   :アラミド繊維、レザー
耐熱温度 :約300度

ペトロマックスは、1910年にドイツで創業した灯油ランタンのブランド。
ブランド名の由来は、灯油の「ペトロ」と、開発者の「マックス」を掛け合わせたのだそうです。
そんなペトロマックスから発売されている焚き火グローブが、『アラミドプロ300』です。

アラミドプロ300は、断熱層にアラミド繊維を使用した焚き火グローブ。
アラミド繊維を使用することで、約300度まで耐えうる高い耐熱性を実現しています。

アラミド繊維とは、高い耐熱性と、切断・摩耗などに強い合成繊維のことです。
アラミド繊維は、多くの優れた特徴から、消防士の防火衣や、警察が着用する防弾チョッキ、船体の補強や縄など、幅広く用いられています。

スポンサーリンク

ペトロマックスの焚き火グローブ『アラミドプロ300』のおすすめポイント

ペトロマックス『アラミドプロ300』のおすすめポイント【1】:高い耐熱性

燃えている薪を10秒ほど持っていても大丈夫でした。

アラミドプロ300のおすすめポイント1つ目は、なんといっても耐熱性の高さ

実際に試してみたところ、10秒ほどであれば、燃えている薪をそのままつかんでも熱さを感じないほどでした。
炭ばさみで大きな薪を移動したい場合、思った位置に動かせなかったりすることもありますよね。
アラミドプロ300であれば、薪を直接持って動かせるので、ストレスなく焚き火を楽しめますよ。

また、アラミドプロ300は、ダッチオーブンやスキレットを使って料理をする人にもおすすめです。

ダッチオーブンやスキレットを火にかける場合、取っ手もかなり熱くなるのでやけどに注意が必要ですよね。
特に焚き火で調理をする場合、火加減によっては取っ手に直接火が当たり、かなり高温になっていることも。

そんなときアラミドプロ300であれば、やけどの心配が少なく、安心して取っ手をつかめます。

ペトロマックス『アラミドプロ300』のおすすめポイント【2】:肘の近くまで覆える長さ

肘の近くまで覆えるほどの長さがあることも、アラミドプロ300のおすすめポイント。

焚き火をしている最中に、火の粉が飛んできて熱い思いをしたことがある人は少なくないはず。
小さい火の粉でも、肌に直接あたるとかなり熱いですよね。
アラミドプロ300であれば、腕の広い範囲を守ってくれるので、火の粉が飛んできても安心です。

特に半袖で過ごすことが多い夏場には、少しでも広い範囲をグローブで保護できるのは嬉しいですよね。

ペトロマックス『アラミドプロ300』のおすすめポイント【3】:デザインがオシャレ

私の焚き火セットです。

アラミドプロ300のおすすめポイント3つ目は、オシャレなデザインです。

アラミドプロ300のデザインは、濃いオレンジ色が目を引きます。
表面の素材はレザーなので、丈夫な質感がキャンプの雰囲気にピッタリ。
さらにグローブの背面には、ペトロマックスのレトロなロゴがプリントされています。

私はアラミドプロ300のオシャレなデザインに魅かれて、購入を決めました!

ペトロマックス『アラミドプロ300』のおすすめポイント【4】:生地がとにかく丈夫

生地が分厚いので、ハードに使っても安心です。

アラミドプロ300のおすすめポイント4つ目は、とにかく丈夫な生地

焚き火グローブは焚き火の最中だけでなく、バトニング(薪割り)や、焚き火を使って料理をするときなど、その用途は幅広いですよね。
そのため、焚き火グローブは思っているよりも消耗が激しくなることも。
アラミドプロ300は耐熱性だけでなく、耐久性が高いのも特徴です。

焚き火をする頻度が多く、ハードに使っていきたい人にはピッタリの焚き火グローブです!

ペトロマックス『アラミドプロ300』のおすすめポイント【5】:手をしっかり保護できる

バトニング中にしっかりと手を保護してくれます。

生地が丈夫であることと似ていますが、手をしっかりと保護できるところも、アラミドプロ300のおすすめポイント。

バトニングの最中に、薪の破片が指に刺さってけがをしたことがある人は少なくないのではないでしょうか。
特に軍手など、生地に隙間ができやすい手袋で薪を割っていると、けがのリスクが高まります。

アラミドプロ300であれば、生地が分厚く丈夫なので、けがをする心配はありません!

ペトロマックスの焚き火グローブ『アラミドプロ300』のデメリットは2つだけ

ペトロマックス『アラミドプロ300』のデメリット【1】:細かい作業はしづらい

アラミドプロ300を着けたままの細かい作業は難しいです。

アラミドプロ300は生地がしっかりしていて安全性が高い反面、指を動かしづらいと感じることも。

バトニングやダッチオーブンを持つなどの作業に支障はありませんが、細かい作業をするには不向きです。
そのため、フェザースティックを作ったり、ククサを掘ったりなど、細かい作業を楽しみたい人にはおすすめできません。

ペトロマックス『アラミドプロ300』のデメリット【2】:サイズが1つしかない

私にはちょうど良いサイズでした。

アラミドプロ300のデメリットの2つ目は、サイズが1つしかないこと。

アラミドプロ300はフリーサイズのため、サイズがフィットする人は限られてきます。
参考までに、メジャーで測ったところ、アラミドプロ300の全長は約40cm。
私の体型は176cmのやせ形で、アラミドプロ300はちょうどよい大きさです。

自分に合ったサイズの焚き火グローブを選びたい人は、キャプテンスタッグの『ソフトレザーグローブ』がおすすめ。

キャプテンスタッグのソフトレザーグローブは、サイズがS・M・Lと3サイズ展開なので、自分に合うサイズを選べます。
また、牛革を使用したやわらかい着用感が特徴なので、細かい作業をしたい人にもピッタリの焚き火グローブですよ。

ペトロマックスの『アラミドプロ300』は、焚き火をもっとしたくなるグローブです。

アラミドプロ300は、見ているだけでテンションが上がる焚き火グローブ。

今回はペトロマックスの焚き火グローブ『アラミドプロ300』をご紹介しました。

アラミドプロ300は、高い耐熱性とオシャレなデザインが魅力の焚き火グローブ。
私はアラミドプロ300を見ているだけでテンションが上がり、焚き火をもっとしたいなと思えるグローブです。

今回の記事を参考に、皆さんもお気に入りの焚き火グローブを手に入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました