ヘリノックス『チェアツーホーム』をレビュー!使い方やおすすめポイント、専用枕など。

キャンプギア

今回は、ヘリノックスの『チェアツーホーム』と、専用の枕を紹介します。チェアツーホームはデザインがオシャレで、使い勝手もバッチリ。自宅やキャンプで使用した様子や、実際に使用して感じたメリット・デメリット、お手入れ方法などをお伝えします!キャンプ用の椅子が欲しい人や、自宅でもキャンプでも使えるオシャレな椅子が欲しいという人は、要チェックですよ!

スポンサーリンク

ヘリノックス『チェアツーホーム』のスペック

ヘリノックスについて

チェアツーホーム。カラーは『コーヒー』です。

ヘリノックスは、合金加工を得意とするDAC社が2009年に立ち上げた、アウトドアファニチャーのブランド。
アウトドアチェアやテーブル、コットなどのギアは、高強度・軽さ・携帯性の3拍子揃った機能的な作りとなっています。

ヘリノックスには、インドアとアウトドアの要素を取り入れた『ホーム・デコ&ビーチ』、ミリタリーテイストの『タクティカルサプライ』、バッグを中心に手掛けている『ターグ』という3つのブランドがあります。

今回紹介するチェアツーホームは、ホーム・デコ&ビーチの製品。

ホーム・デコ&ビーチは、日常にも溶け込むデザインで、豊富なカラーバリエーションやラインナップから、用途や気分に合わせたギアを選べるようになっています。

公式ホームページを見ていると、どれもオシャレなデザイン。
色違いのチェアや、カスタム用のアクセサリーも欲しくなってしまいます!

ちなみに、私が使用している『タクティカルテーブルM』は、タクティカルサプライの製品。
レビュー記事がありますので、そちらも是非ご覧ください!

チェアツーホームのスペック

オシャレなデザインの収納バッグ。

ヘリノックス『チェアツーホーム』

価格    :18,480円(税込み)

【組み立て時】
重さ    :1.2kg
サイズ   :幅55cm×奥行65cm×高さ85cm
座面の高さ :34cm
耐荷重   :145kg

【収納時】
重さ    :1.3kg
サイズ   :幅15cm×奥行15cm×高さ46cm

チェアツーホームを取り扱うホーム・デコ&ビーチは、アウトドアのデザインと、インドアでのリラックスした雰囲気を兼ね備えたデザインが特徴。

チェアツーホームも、落ち着いた色合いでリラックスした雰囲気をまといつつ、アウトドアでも使いやすい形状となっています。

チェアツーホームの重さは1.2㎏と、とても軽量。
収納バッグを合わせても1.3㎏で、収納するととてもコンパクトなので携帯性も抜群です。

ただ軽量なだけでなく、耐荷重は145㎏で、強度もバッチリです。

スポンサーリンク

ヘリノックス『チェアツーホーム』の組み立て方

チェアツーホームの組み立て方は、以下の4手順。

1.中身を取り出す。
2.フレームを組み立てる。
3.シートの頭側を取り付ける。
4.シートの足側を取り付ける。

チェアツーホームの組み立てはとても簡単!

チェアツーホームの組み立てはとっても簡単!
私は自宅とキャンプとの併用ですが、組み立て・撤収ともにすぐにできています。

チェアツーホームのフレームは、すべてゴムでつながっています。

すべてのフレームが繋がっているので、無くす心配がありません。

そのため、ただ広げるだけでフレームが組み上がります。
また、すべてつながっていると、1本だけフレームを無くしてしまったというアクシデントが起きないので、安心ですね。

シートの内側にはホーム・デコ&ビーチのオシャレなロゴが入っていています。

ホーム・デコ&ビーチのロゴ。

チェアツーホームの枕も取り付け

空気を入れる前の枕。

続いて枕を取り付けます。
枕は別売りですが、お店で試したときに心地よかったので、私は迷わず購入しました。

枕には、空気を抜く穴と、空気を入れる・微調整する穴に分かれています。

左:空気を抜く穴。 右:空気を入れる・微調整する穴

空気を入れる・微調整する穴を開くと、緑色のバルブが見えます。
このバルブを押すと空気が少しずつ抜けていくので、ある程度までふくらましたあとに、好みの固さに調整しましょう。

好みの固さになったら、チェアツーホームのベルクロ部分に取り付ければ完成です!

枕を取り付けた状態。

枕があるとよりリラックスできるので、おすすめですよ。

ちなみに、チェアツーホームに使える枕は2種類。
『エアーヘッドレスト』と、『エアー+フォームヘッドレスト』です。

エアーヘッドレストは、空気を入れて使う、軽量かつコンパクトな枕。
エアー+フォームヘッドレストは、中にフォームが入ったタイプの枕です。

エアー+フォームヘッドレストは、エアーヘッドレストに比べるとやや値段が高く、収納時には少しかさばります。
しかし、枕の中にフォームが入っている分、形が安定して快適です。

あとで気づいたのですが、私がお店で試したのは、エアー+フォームヘッドレストでした。
2種類あることを知らず、エアーヘッドレストを購入してしまいました。

これから購入する人は、ご自身の好みに合わせて、間違いのないように購入してくださいね!

エアーヘッドレストはこちら▼

エアー+フォームヘッドレストはこちら▼

ヘリノックス『チェアツーホーム』のおすすめポイント

チェアツーホームのおすすめポイント【1】軽くて丈夫

筆者のインスタグラムより。

チェアツーホームのおすすめポイントの1つ目は、軽くて丈夫な点です。

チェアツーホームの重さは1.2kgと片手で持てる軽さなのに、耐荷重は145㎏。
大柄な人が座っても問題ありませんし、お子さんがいる人なら、抱っこしながらでも安心です。

また、ちょっとサイトのレイアウトを変更したいときにも、サッと持ち上げられるので、設営・移動がとっても楽チンですよ!

もっと軽くてコンパクトな椅子が良いという人には、ヘリノックスの『チェアホーム ミニ』がおすすめ。

重さはわずか460gながら、耐荷重はなんと90㎏。
収納したら大きめのランタンと同じ程度の大きさで携帯性は抜群です。
チェアホームミニも、もちろんオシャレなデザインとなっています。

チェアツーホームのおすすめポイント【2】抜群の携帯性

左上がヘッドレスト、真ん中がタクティカルテーブルM、右がチェアツーホーム。

チェアツーホームのおすすめポイントの2つ目は、抜群の携帯性。

収納バッグにしまえば、かなりコンパクトになります。

大きめのバッグであれば、テーブルとチェアを両方入れることも可能ですよ。

チェアツーホームのおすすめポイント【3】オシャレなデザイン

筆者のインスタグラムより。

公式ホームページには、ホーム・デコ&ビーチの製品について「インドアのくつろぎからアウトドア・アドベンチャーへとシームレスに移行することができます。」と書かれています。

私は自宅でもキャンプ場でも使用していますが、書かれている通り、どこで使用してもしっくりくるデザインだと感じています。

チェアツーホームのおすすめポイント【4】カスタムできる

枕もチェアツーホームのカスタム製品の1つ。

チェアツーホームには、カスタムできるアクセサリーがたくさん用意されています。

ロッキングチェアにカスタムできる『ロッキングフット』、チェアに取り付けて小物入れとして使える『アクティビティケース』、砂地での沈み込み防止や、室内の床を傷つけないために使用する『ボールフィート』など、使い勝手が良くユニークな製品ばかり。

また、自宅でロッキングチェアにしたときに、床を傷つけないためのプロテクションまで用意されています。

なお、ロッキングフットは、チェアの種類別に販売されているようです。
ご自身のチェアに合ったロッキングフットを選んでくださいね。

ヘリノックス『チェアツーホーム』のお手入れ方法と保管方法

お手入れ方法と保管方法については、ヘリノックスの国内正規販売代理店であるモンベルのホームページに詳しく書かれています。

【お手入れ方法】

〇使用後は汚れ、水分をふき取り陰干しし、完全に乾かしてから日のあたらない風通しの良い場所で保管してください。汚れたまま、あるいは濡れたまま長時間放置すると色移りやカビが発生する可能性があり、また生地も劣化しやすくなります。

〇布地の汚れがひどい場合は薄めた中性洗剤をつけた布を軽く絞り表面を拭いてください。

【保管方法】

〇直射日光の当たらない風通しの良い場所で保管してください。

〇火のそばや暖房器具のそばなどの高温になる所に置かないでください。

モンベル | カスタマーサービス | 取扱説明書ダウンロード

購入前にチェック!ヘリノックス『チェアツーホーム』のデメリット

チェアツーホームのデメリット【1】強風に弱い

席を離れるときには、風で飛ばされないように荷物を置いておきましょう。

ヘリノックス製品の軽さは大きなメリットですが、風が強い日にはデメリットになってしまうことも。

特に、チェアツーホームなどの背もたれが長い椅子は、人が座っていないときに風を正面から受けると、簡単に倒れてしまいます。

私はトイレなどで離れるときには、ブランケットや荷物を置いて飛ばされないようにしています。

チェアツーホームのデメリット【2】寒さに弱い

秋冬のキャンプでは、電気毛布は必須です。

チェアツーホームのデメリットの2つ目は、寒さに弱いこと。
チェアツーホームのみならず、アウトドア用の椅子ではお尻がスースーしがちですよね。

私は、秋冬のキャンプのときには電気毛布を使用しています。

電気毛布を1つ持っておけば、日中椅子に座っている間も、夜眠るときも、暖かさをキープできます!
電気毛布は消費電力が少ないため、ポータブル電源1つあれば、簡単に使用できますよ。

ヘリノックスのチェアツーホーム、おすすめです!

今回は、ヘリノックスの『チェアツーホーム』をご紹介しました。

使い勝手が良く、アクセサリーで自分好みにカスタマイズしていく楽しみもあるチェアツーホーム。

今回の記事を参考に、皆さんもお気に入りのチェアを見つけて、ゆったりとキャンプを満喫してくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました