ロゴスのセルフインフレートまくらで、キャンプでも快適な睡眠を。

キャンプギア

キャンプでの睡眠、しっかりとれていますか?睡眠の大事な要素の1つに枕が挙げられますが、何を使えばよいのか悩みどころですよね。そんな人におすすめしたいのが、ロゴスの『セルフインフレートまくら』。コンパクトで持ち運びやすいだけでなく、快適な寝心地を得られる枕です。キャンプの枕でお悩みの人は、要チェックですよ!

スポンサーリンク

ロゴス『セルフインフレートまくら』のスペック

ロゴス『セルフインフレートまくら』。

ロゴス『セルフインフレートまくら』

重量   :約235g
サイズ  :幅40×奥行30×高さ7~12cm
収納サイズ:直径8.5×奥行30cm
素材   :ポリエステル、ポリウレタンフォーム

ロゴス「エンジョイ・アウティング!」をキーワードにした、日本のアウトドアブランド。
ロゴのイメージから、海外のブランドだと思いがちですが、実は日本のアウトドアブランドなのです。

今回紹介するのは、ロゴスのキャンプ用枕『セルフインフレートまくら』
セルフインフレートまくらは、その名の通り、バルブを開けるだけで自動的に膨らみます

自動で膨らむ便利なセルフインフレートまくら。

私が実際に測ってみたところ、バルブを開けてから40秒ほどで膨らみました。
1分もかからずに準備が完了するのは、手軽で嬉しいですよね!

セルフインフレートまくらには、収納袋が付いてきます。

収納袋に加え、ゴムバンドも付属。

収納袋だけでなく、丸めた枕をとめるためのゴムバンドも付属。

収納しやすくするための細かい気配り、さすがロゴスですね!

スポンサーリンク

キャンプや車中泊に、ロゴスの枕『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由。

ロゴス『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由【1】:ウレタンフォーム入りで形が安定

ウレタンフォーム入りで、頭を乗せても形が安定。

セルフインフレートまくらをおすすめする理由1つ目は、ウレタンフォーム入りであること。

ウレタンフォームが入っていないエアクッションでは、頭を乗せると、枕内部の空気が動いて不安定だと感じる人もいます。
セルフインフレートまくらはウレタンフォームが入っているため、頭を乗せても形が安定していて、快適な寝心地です。

ロゴス『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由【2】:厚さ調整が可能

上が自動で膨らんだ厚さ、下が息を吹き込んで膨らませた厚さ。

セルフインフレートまくらをおすすめする理由2つ目は、厚さ調整が可能なこと。

バルブを開けて自然と膨らんだ厚さは、約7cm。
バルブから空気を吹き込めば、最大12cmまで厚くすることが可能です。

枕の厚さの好みは人それぞれですよね。
自分好みの厚さに調整できるので、キャンプでも寝心地を求めたい人におすすめできます。

ロゴス『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由【3】:リバーシブルで使える

ブラウンとグリーンのリバーシブル。

セルフインフレートまくらをおすすめする理由3つ目は、リバーシブルであること。

落ち着いた色合いのブラウンと、優しい色味のグリーンの2色になっています。
季節感を出したいときや、マットレスの色に合わせて使い分けができます。

ロゴス『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由【4】:スヌーピーとのコラボモデルが可愛い

セルフインフレートまくらには、スヌーピーとのコラボモデルもあります。
セルフインフレートまくらの機能はそのままに、両面にスヌーピーの絵がプリントされています。

ブラウン側には、寝袋に入って眠っているスヌーピー。
グリーン側には、ウッドストックとキャンプを楽しんでいるスヌーピーがプリントされています。

先にスヌーピーコラボモデルがあることを知っていれば、私はスヌーピーバージョンを購入していたでしょう…。

スヌーピー好きの人はもちろん、お子さん用の枕を探している人にもピッタリですね!

ロゴス『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由【5】:コンパクトかつ軽量

コンパクトかつ軽量なセルフインフレートまくら。

セルフインフレートまくらをおすすめする理由5つ目は、コンパクトかつ軽量であることです。

セルフインフレートまくらの収納時サイズは、直径8.5cm×奥行30cm。
細長い形状で、サイズ感としては、少し大きめの水筒といった感じです。

枕の代わりに、自宅からクッションを持参した場合、けっこう積載を圧迫してしまいますよね。
セルフインフレートまくらは、積載を圧迫することなく、持ち運びにとっても便利です。

ロゴス『セルフインフレートまくら』をおすすめする理由【6】:コストパフォーマンスが高い

個人的には、かなりコスパが良いギアだと思います。

セルフインフレートまくらをおすすめする理由6つ目は、コストパフォーマンスが高いこと。

キャンプ用の枕には、4000円以上するものもありますよね。
ロゴスの公式サイトによると、セルフインフレートまくらは、税込み1980円です。

個人的には、1000円台でこの寝心地でが得られるのであれば、かなりコストパフォーマンスが高いキャンプギアだと感じました。

座布団としても使いたい人は、ロゴスの『セルフインフレートマルチクッション』がおすすめ!

私はセルフインフレートまくらを使う中で、デメリットを感じたことはありません。
ただ、強いてデメリットを上げるとすれば、枕としてしか使えないこと。

もし、枕としても座布団としても使いたい場合は、同じくロゴスの『セルフインフレートマルチクッション』がおすすめです!

セルフインフレートマルチクッションは、通常時は座布団として使えます。
そして、クッションの端に取りつけられたボタンをとめると、枕としても使うことが可能に。

セルフインフレートマルチクッションは、1つのギアにいろいろな機能を求める人におすすめのクッションです。

ロゴスの『セルフインフレートまくら』は、キャンプでの使い勝手抜群な枕でした。

筆者のインスタグラムより。セルフインフレートまくらはキャンプでの使い勝手抜群。

今回は、ロゴスの『セルフインフレートまくら』をご紹介しました。

寝心地・持ち運びやすさ・デザインのどれをとっても、キャンプでの使い勝手が抜群なセルフインフレートまくら。

今回の記事を参考に、皆さんもお気に入りの枕を手に入れてくださいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました