キャンプの箸ならコレ!モンベルのおすすめカトラリー『野箸』

キャンプギア

キャンプに慣れてきたし、そろそろ割り箸から卒業したい(笑)

キャンプにおすすめの箸ってあるのかな?

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

キャンプ用の箸なら、モンベルの『野箸』がおすすめ!

キャンプのカトラリーは割り箸でもこと足りますが、せっかくならお気に入りの箸を使いたい人もいるはず。今回ご紹介するモンベルの『野箸』は、スタイリッシュな見た目がステキなキャンプ用の箸。収納ケース付きなので、キャンプをする人だけでなく、普段使いのマイ箸をが欲しい人にもおすすめです!

スポンサーリンク

キャンプにおすすめのカトラリー!モンベル『野箸』の概要

トレッキングポールと同じ構造

ケースに入った野箸。

モンベル『野箸』

  • 価格    :3,300円(税込み、公式サイト価格)
  • 重さ    :27g(収納袋を含めると30g)
  • 長さ
    使用時   :21cm
    収納時   :12cm
  • 材質
    本体    :ステンレス鋼
    木箸    :縞黒檀 (しまこくたん)
    キャップ  :真鍮

モンベルは、キャンプをする人なら誰もが知っているであろう日本のアウトドアメーカー。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

今回ご紹介するのは、モンベルのおすすめカトラリー『野箸』です!

モンベルの野箸は、収納時は手のひらサイズでコンパクト。

手のひらサイズでコンパクトな野箸。

ステンレス製の持ち手の中に、木製の箸が収納されています。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

使い方は以下の通り!

  1. 木箸を中から引き出す
  2. 完全に引き出したら…
  3. 持ち手と木箸をひねる!
  4. ロックされて準備完了!
木箸を引き出してひねってロック!

ひねってロックするのは、モンベルのトレッキングポールと同じ構造なのだとか。

部品を組み立てる必要がなく、すぐに使えるので使い勝手は抜群です!

サビにくいステンレス&頑丈な縞黒檀の組み合わせ

丈夫な素材だからアウトドアで使いやすい。

野箸の持ち手には、サビに強いステンレスが使われています。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

キャンプでは雨で濡れてしまうときもあるので、サビに強い素材なのはうれしいですね!

また、木箸は『縞黒檀(しまこくたん)』という木材。

縞黒檀は硬く頑丈で、ゆがみにくい木材の一種で、楽器や家具、仏壇などに使われてるのだとか。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

野箸は本体も木箸も丈夫な素材なので、アウトドアにピッタリな箸と言えるでしょう!

スポンサーリンク

モンベル『野箸』のおすすめポイント!

おすすめポイント【1】ステンレス×縞黒檀がスタイリッシュ

スタイリッシュだから写真映えもしやすい!

シルバー×シックな木目がカッコ良い!

野箸のおすすめポイント、1つ目はシンプルでカッコ良いデザインです。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

ステンレスのシルバーと縞黒檀の木目で、なんとなく高級な雰囲気が漂います…!

また、シンプルなデザインなので、どんなギアと使ってもしっくりくる印象。

カトラリーの見た目にもこだわりたい人に、野箸はピッタリですよ!

おすすめポイント【2】深型のクッカーでも使える

野箸は深型のクッカーでも使えます。

深型クッカーでも使える十分な長さ!

キャンプ用のカトラリーを選ぶ上で大切なのが長さ。

カトラリーの長さが足りないと、深型のクッカーで調理したときに食べづらいこともあります。

モンベルの野箸は長さ21cmなので、深型のクッカーでも問題なし!

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

私が使っているプリムスのクッカーでも、野箸であれば問題なく食事ができていますよ!

おすすめポイント【3】ケース付きで普段使いにも◎

収納ケースにしまえばとてもコンパクト!

収納ケース付きだから持ち歩きやすい!

モンベルの野箸には収納ケースも付属。

収納すれば手のひらサイズなので、バッグの小さなポケットにもサッとしまえます!

キャンプをしなくても、マイ箸を持ちたいと思っている人にもおすすめです!

モンベル『野箸』の洗い方!

キャップを外せばしっかりお手入れができます。

木箸を本体内部に収納するので「衛生面は大丈夫なの?」と気になる人もいるかもしれません。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

野箸は分解できるので、すべてのパーツをキレイに洗えます!

分解するときは、金色のキャップを外せば木箸を取り出せます。

金色のキャップを外せば分解できます。

野箸を使ったあとは、キャップを外して洗えば、衛生面も問題なしですよ。

モンベル『野箸』の気になる点

気になる点【1】転がりやすい

野箸は丸型のお箸です。

モンベルの野箸の気になる点、1つめは丸型で転がりやすいことです。

丸形の箸は角がなく持ちやすい反面、傾斜があるとコロコロと転がってしまいます

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

傾斜がつきやすい場所でも、箸置きがあると安心!

キャンプにピッタリの可愛い箸置きもあるので、ぜひチェックしてみてくださいね!

▼箸置き『テントセット』

▼箸置き『焚き火台セット』

▼箸置き『カートセット』

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

楽天ROOMでも箸置きを紹介しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

気になる点【2】シルバー1色のみ

野箸はシルバー1色のみ。

野箸はシルバー1色のなので、自分好みの色を選べません。

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

シンプルなデザインは魅力ですが、ギアの色を揃えている人には物足りないかも!

カラーバリエーションを楽しみたい人は、同じくモンベルの『スタックイン野箸』がおすすめ

スタックイン野箸は、グリーン・ブラウン・ライトグリーン・ネイビー・レッドの5色展開。

気になる人は、公式サイトをチェックしてみましょう!

また、スノーピークの『チタン先細箸』もおすすめ

チタン先細箸は、繊細な操作ができるよう、細さにこだわって作られた箸です。

バリエーションはノーマル(シルバー)・ブルー・グリーン・パープルの4色

チタン製品がお好きな人にもピッタリですね!

キャンプにおすすめのカトラリー!モンベル『野箸』をお試しあれ!

野箸はお気に入りのギアの1つです!

今回はモンベルのカトラリー『野箸』をご紹介しました。

シンプルでカッコ良い見た目や、アウトドアで使っても安心の丈夫さなど、魅力たっぷりの野箸。

キャンプ用の箸やカトラリーを探している人は、今回の記事を参考に、お気に入りを見つけてくださいね!

虫嫌いの車中泊キャンパー
虫嫌いの車中泊キャンパー

Instagramや楽天ROOMでも、キャンプや車中泊のお役立ち情報を発信しています!ぜひチェックしてみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました