【キャンプギア】ソフトクーラーの定番。 シアトルスポーツの『フロストパック23qt』は保冷力抜群でキャンプにも車中泊にもぴったりです。

キャンプギア

クーラーボックスは、暖かくなってくる時期に欠かせないキャンプギアの1つですよね。今回はソフトクーラーの定番である、シアトルスポーツの『フロストパック23qt』をレビュー。シアトルスポーツのソフトクーラーは、しっかりとした保冷力で使い勝手も抜群!これからクーラーボックスを購入しようと考えている人は必見です!

スポンサーリンク

ソフトクーラーといえばシアトルスポーツ! 『フロストパック23qt』のスペックをチェック

ペンギンのロゴがかわいいフロストパック。

シアトルスポーツ『フロストパック23qt』

重量   :800g
容量   :約21リットル
サイズ  :高さ29.2×幅33.0×奥行22.8cm
カラー  :ブルー、レッド、イエロー、ホワイト、タン、ブラック

シアトルスポーツは、アメリカのシアトルで設立されたメーカー。
ペンギンがプリントされているロゴが可愛らしく、いかにも保冷力が高そうですよね!

シアトルスポーツのソフトクーラーは『フロストパック』という製品名で発売されています。
フロストパックは元々、カヤックでの遠征を想定して開発されたため、保冷力はもちろん、水濡れや強度にもこだわって作られています。

シアトルスポーツのソフトクーラーは、12qt、23qt、25qt、40qtの4種類用意されています。

↓フロストパック12qt

↓フロストパック23qt

↓フロストパック25qt

↓フロストパック40qt

シアトルスポーツのソフトクーラーの中から、私が選んだのは『フロストパック23qt』です。

数字の後ろについている『qt』は容量を示す単位。
読み方は『クォート』で、1qt=0.946リットルとなります。

フロストパック23qtの容量は約21リットルで、2リットルのペットボトルは最大で6本、500mlであれば12本入る大きさです。
2リットルのペットボトルは立てた状態での収納が可能。
ソロキャンプや、家族での日帰りバーベキューなどで活躍してくれそうな大きさですね!

ソロキャンプであれば、12qtでも問題ない容量です。
私はキャンプ飯を作るのが好きであることや、車中泊で連泊をすることがあり、食材を多く持ち運ぶので、余裕をもって23qtを選びました。

スポンサーリンク

シアトルスポーツのソフトクーラー『フロストパック23qt』のおすすめポイント5つ

ここからは、私がフロストパック23qtを使って感じた、5つのおすすめポイントを紹介していきます!23qtに限らず、フロストパックシリーズすべてに共通しているポイントが多いので、ぜひ参考にしてみてください!

シアトルスポーツ『フロストパック23qt』のおすすめポイント【1】:抜群の保冷力

コンビニなどで売っている板氷がすっぽりと収まる大きさです。

フロストパック23qtのおすすめポイント1つ目は、抜群の保冷力です。

シアトルスポーツの公式サイトによると、2019年のリニューアル時に断熱層を1枚から2枚へとグレードアップし、保冷力をアップさせたとのこと。

私がフロストパック23qtの保冷力を試した日は、最高気温が約19℃。
まだ涼しい時期ではありましたが、フロストパック23qtに板氷をセットして、13時ごろからキャンプを開始しました。
翌日の14時ごろに帰宅し板氷を確認すると、しっかりと形が残っていました!

24時間以上たったあとでもしっかりと氷が残っていました。

中の食材もしっかりと冷えていたので、メインのクーラーボックスとして、しっかりと活躍してくれますよ。

シアトルスポーツ『フロストパック23qt』のおすすめポイント【2】:使いやすいショルダーストラップ

フロストパックのショルダーストラップは、使い心地が抜群!

フロストパック23qtのおすすめポイント2つ目は、ショルダーストラップの使い心地です。

ショルダーストラップのラバー部分の硬さが絶妙で、たくさん荷物を詰め込んで重くなっても、肩に食い込まず痛くなりません
また、ラバー素材なので滑ることがなく、安定性も抜群
駐車場からサイトまで距離があるキャンプ場でも、フロストパック23qtであればスムーズに持ち運べますよ。

ただしこのショルダーストラップ、12qtと23qtにのみ装着されているとのこと。
12qtか23qtのソフトクーラーを選んだ人は、ぜひショルダーストラップの使い心地を味わってくださいね。

シアトルスポーツ『フロストパック23qt』のおすすめポイント【3】:豊富なカラーバリエーション

私はサイトになじみやすそうな色の『タン』を選びました。

フロストパック23qtのおすすめポイント3つ目は、豊富なカラーバリエーションです。

フロストパックシリーズのカラーは、ブルー・レッド・イエロー・ホワイト・タン・ブラックの6種類
サイトの雰囲気に合わせて好みの色を選べるのは嬉しいですよね!

ちなみに、私が選んだフロストパック23qtのカラーは『タン』です。
タンはキャンプサイトに馴染みやすい色合いで、どんな場面でもしっくりくる印象なのでおすすめですよ!

シアトルスポーツ『フロストパック23qt』のおすすめポイント【4】:コンパクトに収納できる

キッチンの棚の中に畳んでしまっています。

フロストパック23qtのおすすめポイント4つ目は、使い終わったらコンパクトに折りたためること。

ハードタイプのクーラーボックスでは、自宅での収納場所に困ることもありますよね。
フロストパックは23qtに限らず、すべてのサイズでコンパクトに折りたためるので、ちょっとした隙間に収納できちゃいます!

また、すでにメインのクーラーボックスを持っている人には、サブのクーラーボックスとしてフロストパックをおすすめできます。

連泊の前半はフロストパックにも食材を入れてキャンプを楽しむ。
食材が少なくなってきた後半にはメインのクーラーボックスへすべて移し、フロストパックは折りたたんで収納、といった使い方もおすすめです!

食材をもって日帰りのピクニックに出かけたときには、帰りには折りたたんで持ち帰ることも可能。
フロストパックは、かさばらず、手軽使える優れものです!

シアトルスポーツ『フロストパック23qt』のおすすめポイント【5】:釣りなどの水辺のアクティビティにも◎

元々カヤックでの遠征用に作られているので、フロストパックは水辺に強いです。

フロストパック23qtのおすすめポイント5つ目は、水辺でのアクティビティでも安心して使えること。

フロストパックシリーズは、ウェビングテープ(ストラップのゴム以外の部分)の素材に、ポリエステルを使用していることが特徴です。

多くのメーカーでは、より軽量で伸縮性に優れているナイロン製のウェビングテープを使用しています。
しかしナイロン製のウェビングテープは、水を吸収すると重くなり、徐々に硬くなり劣化してしまうという弱点も。
その反面、ポリエステルは水を吸収しないため、水濡れによる劣化が起こりにくいのが特徴です。

フロストパックは、水辺でのアクティビティとの相性を考え作られているため、釣りや川沿いでのキャンプを楽しむ人には嬉しい機能ですね!

シアトルスポーツ『フロストパック』の唯一のデメリットは「ソフトクーラー」であること。

ソフトクーラーは、ハードタイプのように上に座ったりはできません。

フロストパックの弱点は、なんといっても「ソフト」な作りであること。
ソフトであるがゆえに、上に重たいものを乗せることができません

ハードタイプのクーラーボックスでは、上に物を乗せたり、場合によっては人が座ったりすることができるタイプもあります。

ギアに頑丈さを求める人には、フロストパックはおすすめしません。

シアトルスポーツのソフトクーラー『フロストパック23qt』は使い勝手抜群なので、1つ持っておいて損はないですよ。

私はフロストパック23qtで大満足です。

使う人のことを考えて細かい部分にまで工夫が施された、シアトルスポーツのソフトクーラー『フロストパック23qt』

私は初めて買ったクーラーボックスがフロストパック23qtでしたが、使い勝手が良く、とても気に入っています!

暑い季節に必須のクーラーボックスに、フロストパックシリーズを選んでみてはいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました