神奈川県の穴場的無料キャンプスポット『愛川橋河川敷』

キャンプ場

無料なのにのんびりキャンプができて癒される、そんな場所をご紹介します!

今回ご紹介するのは、神奈川県の中津川沿いにある『愛川橋河川敷』です。愛川橋河川敷は混みあうことが少ない穴場的な場所。のどかな雰囲気や近隣のおすすめスポットなど、愛川橋河川敷の魅力をたっぷりお伝えします!

スポンサーリンク

無料で使える中津川沿いの穴場

こぢんまりとしたのどかな雰囲気の愛川橋河川敷。

愛川橋河川敷は、神奈川県愛川町にある中津川沿いの河川敷。
周囲を山に囲まれ、のどかな雰囲気が漂う神奈川県の無料キャンプスポットです。

同じく中津川沿いにある『田代運動公園』は、神奈川県の中で人気が高い無料のキャンプスポット。
愛川橋河川敷は、田代運動公園に比べると空いていることが多く、穴場的な場所です。

無料キャンプスポットは、チェックイン・チェックアウトの時間を気にせずに利用できることが魅力の1つ。

愛川橋河川敷も、時間を気にせず利用できますよ。

そのため、仕事後の遅い時間からキャンプを開始したいときや、急な休みでデイキャンプを楽しみたいときなど、使い勝手が良い河川敷です。

愛川橋河川敷へ下りるには、中津川の下流方面から車で向かうと、手前に折れるように曲がる必要が。

写真奥が中津川の下流方面。

切り返しをせずに曲がるのはかなり難しいです。

筆者は坂の手前のスペースに入り、バックで坂道を下りていきました。

運転に自信がない人は、中津川の上流方面から向かうことをおすすめします。

スポンサーリンク

癒されたい人におすすめののどかな雰囲気

穏やかに流れる中津川。

周囲を山に囲まれた、癒し効果抜群の静かな場所。

愛川橋河川敷には、キャンプ場のような広々としたスペースはありません。

ただ、中津川の流れは穏やかで、眺めているだけでとても癒されます。

河川敷には、川の目の前まで行ける場所も。

橋の下付近では川のすぐそばまで下りられます。

川の水はとてもきれいなので、夏になれば水遊びも楽しめます!

また、2022年1月現在、愛川橋は修繕工事中ですが、通常であれば橋の下でもキャンプやバーベキューを楽しめます。

2022年4月1日に確認したところ、工事は終了し橋がキレイになっていました!

改修工事が終了し鮮やかな青い橋に(2022年4月1日撮影)。

愛川橋河川敷は日影になる場所が少ないので、真夏は橋の下が人気のスポット。

夏に愛川橋河川敷でバーベキューをしたい人は、橋の下が空いていたらすぐに確保しましょう!

道路脇のトイレがキレイ

清掃が行き届いたキレイなトイレ。

無料キャンプスポットには珍しいキレイなトイレ!

愛川橋河川敷のトイレは、隣接した道路の脇に設置されています。

トイレの中は清掃が行き届いており、道路脇に設置されたトイレにしてはキレイな印象。

ただし、筆者がキャンプをした日には、持ち去り防止のために予備のトイレットペーパーはありませんでした。

市の職員の方が毎日補充に来ているとのことですが、混雑が予想される日は、念のためトイレットペーパーを持って行った方が良いかもしれません。

薪や炭を取り扱う商店まで車で約5分

キャンプやバーベキューグッズの品ぞろえ抜群!

愛川橋河川敷から車で約5分の場所には、『戸倉屋商店』という商店があります。

戸倉屋商店は、薪や炭、網やトングなど、キャンプやバーベキューに欠かせないグッズの品ぞろえが抜群。

薪や炭を購入した人には、着火に便利な端材を無料でプレゼントしてくれるサービスまであります。

インスタント食品やお菓子といった簡単な食材も手に入るので、愛川橋河川敷でのキャンプを予定している人は、ぜひとも立ち寄りたいスポットです。

注意点として、戸倉屋商店での支払いは現金のみとなっています。

キャッシュレス派の人は、「ローソン愛川田代店」か「セブンイレブン愛川半原店」を利用しましょう。

どちらも愛川橋河川敷から車で5分ほどなので、急な買い出しにも便利ですよ。

▼ローソン愛川田代店

▼セブンイレブン愛川半原店

オギノパンの工場直営店にも立ち寄ってほしい!

オギノパンの『あげぱん』は最高の一言。

『オギノパン本社工場直売店』のパンは、キャンプのお供におすすめ!

愛川橋河川敷から中津川の上流方面へ車で5分ほど進むと『オギノパン本社工場直売店』があります。

オギノパンの名物は、神奈川県の丹沢山系にちなんで名づけられた『丹沢あんぱん』や、給食で食べた懐かしの味『あげぱん』など。

筆者のインスタグラムより。

どちらのパンもとても美味しく、筆者は相模原や山梨県道志村のキャンプ場へ向かうときには、オギノパンへ立ち寄ってから向かうほどです。

あんぱんやあげぱん以外のパンももちろん美味しいので、愛川橋河川敷を利用するときには、ぜひ立ち寄ってみてくださいね。

ちなみに、オギノパン本社工場直売店も支払いは現金のみなので、立ち寄る予定の人は注意してください。

ルールを守って利用しよう

決められたルールはしっかり守りましょう。

愛川橋河川敷を利用する上で必ず守りたいルールは2つ。

「ゴミの持ち帰り」と「直火での焚き火禁止」です。

この2つのルールについては、看板での注意喚起がされています。

しかし、残念なことに、ゴミの放置や焚き火の跡が少なからず見受けられます。

愛川橋河川敷に限らず、決められたルールを守るのは、キャンプをする上では必須のマナー。

愛川橋河川敷にはゴミ箱は設置されていないので、ゴミは必ず持ち帰りましょう。

また、焚き火をする場合は、必ず焚き火台を用意しましょう。

緊急事態宣言中は河川敷への出入りは禁止

新型コロナウイルスに係る河川敷への進入路の開放及び利用について
県管理河川の利用に関するお願い

2022年1月現在、愛川橋河川敷でのキャンプやバーベキューは可能です。

しかし、緊急事態宣言中は出入り禁止となっていました。

今後の感染状況次第では、再度出入りが禁止となる可能性も考えられます。

詳しい情報は神奈川県のホームページに掲載されていますので、事前に確認しておきましょう。

愛川橋河川敷の概要

愛川橋バス停。

愛川橋河川敷

【アクセス】
・車の場合
 :圏央道県央厚木I.C.から約25分
・公共交通機関の場合
 :小田急線本厚木駅、または厚木バスセンターから神奈中バス「半原行」または「清雲寺入口行」に乗車。愛川橋で下車。所要時間は系統により異なる(40分~60分)。

【料金】
 :無料

無料で気軽に使えるスポット。愛川橋河川敷でのんびりキャンプを楽しもう

神奈川県ののんびり過ごせる河川敷。

今回は、愛川橋河川敷をご紹介しました。

愛川橋河川敷は無料で気軽に使えたり、のんびりとした雰囲気に癒されたりと、魅力がたくさんあるキャンプスポットです。
これからも気軽に利用できるよう、定められたルールはぜひ守りたいですね。

神奈川県でのキャンプを予定している人は、候補地の1つに入れてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました