神奈川県『八菅橋河川敷』はのんびりできるおすすめの無料キャンプスポット

キャンプ場

無料で使えるキャンプスポットは、たくさん知っていて損することはありません。今回ご紹介する無料キャンプスポットは、神奈川県の『八菅橋(はすげばし)河川敷』です。かながわのまちなみ100選や、新日本歩く道紀行ふるさとの道に選ばれるなど、懐かしい風景が広がる八菅橋の周辺。近くの便利な買い出しスポットや風景以外のおすすめポイントなど、八菅橋河川敷の魅力を余すところなくお伝えします!

スポンサーリンク

のどかな風景広がる中津川沿いの河川敷

癒し効果が高い八菅橋河川敷。

八菅橋河川敷は、神奈川県愛甲郡愛川町にある中津川沿いの河川敷。
チェックイン・チェックアウト時間を気にする必要がなく、自由に出入りができる無料のキャンプスポットです。

八菅橋河川敷の周辺は、どことなく懐かしさを感じるのどかな雰囲気が特徴。
かながわのまちなみ100選や、新日本歩く道紀行ふるさとの道に選ばれるなど、その風景の穏やかさは折り紙付き。

『新日本歩く道紀行ふるさとの道』の看板。

都会のイメージがある神奈川の中で、のんびりした時間を過ごせる貴重な河川敷です。

▼『愛川橋河川敷』ものんびり過ごせる中津川沿いの河川敷!

八菅橋河川敷へのアクセスは、圏央道圏央厚木I.C.または相模原愛川I.C.から約20分。
注意点として、八菅橋を西側から渡って河川敷へ向かう場合、橋を渡り切った場所は右折禁止となっていること。

写真左に「右折禁止」の標識が。

少し大回りにはなってしまいますが、橋を渡り切ったらすぐに左折し、中津大橋の下をくぐって河川敷へ向かいましょう。

スポンサーリンク

周辺はスーパー・コンビニ・ホームセンターなど買い出しスポットが豊富

アウトドアグッズが豊富にそろうホームセンター。

八菅橋から車で5分圏内には『マルエツ中津店』や『業務スーパー愛川店』など、スーパーやコンビニが豊富。
八菅橋河川敷へ向かう道中で、食材を調達できます。

▼マルエツ中津店

▼セブンイレブン愛川中津西店

また、八菅橋河川敷から車で10分ほどの場所には『DCMくろがねや愛川店』というホームセンターが。
DCMくろがねや愛川店には、薪や炭、網やバーベキューコンロなど、アウトドアグッズを豊富に取り揃えています。

同じ敷地内には、スーパー『アルプス愛川店』も。
万が一買い忘れがあった場合でも安心ですね。

▼DCMくろがねや愛川店

▼DCMくろがねや愛川店の近くには広々とした河川敷も!

八菅橋河川敷には大きく分けて2つのスペースが

八菅橋河川敷は、橋の上流と下流にスペースが分けられます。

八菅橋より上流

八菅橋から見た上流の風景。

八菅橋より上流の河川敷は、道路と河川敷をつなぐ坂道からやや離れた場所にあります。
そのためか、サイトを設営する人が少なく落ち着いた雰囲気。

また、中津川のすぐそばで過ごすことも可能。

川面とほぼ同じ高さの場所でのんびり。

川を眺めながらのんびりしたい人におすすめのスペースです。

上流側の堤防には階段が設置されており、道路への動線がスムーズ
そのため、後述する「八菅山いこいの森」のトイレへもアクセスしやすいですよ。

八菅橋より下流

八菅橋より下流は広々。

八菅橋より下流の河川敷は、上流と比べると広々としています。
家族連れやグループなど、複数人で広めにスペースを確保したい人にピッタリです。

下流のスペースでも中津川沿いにサイトを設営できますが、ハイシーズンや土日祝日には早い時間帯に埋まってしまうことも。

そのため、川沿いのスペースを確保したい場合は、早めに場所を確保することをおすすめします。

トイレは「八菅山いこいの森」の利用がおすすめ

簡易トイレはやや清潔感が乏しい印象でした。

八菅橋河川敷には、簡易トイレが設置されています。
愛川町観光キャラクターの「あいちゃん」が描かれているため、すぐにわかりますよ。

ただし、筆者の印象では、簡易トイレは清潔感が乏しかったです…。
簡易トイレを利用する場合、手指消毒液など清潔を保てるものを用意しておきましょう。

八菅橋河川敷を利用する場合、橋を渡った先にある「八菅山いこいの森」の公衆トイレの利用がおすすめ

八菅橋と横断歩道を渡った先にある公衆トイレ。

河川敷から徒歩で2~3分ほどかかりますが、簡易トイレと比べると清潔感があります。

また、トイレの個数が多いため、安心して使えますよ。

近くの釣り堀も注目スポット

八菅橋近くの釣り堀『八菅ヘラ釣り場』。

八菅橋河川敷から徒歩5分ほどの場所には「八菅ヘラ釣り場」があります。
筆者がキャンプをした日は平日でしたが、多くの人が釣りに興じていました。

釣り好きの人は、キャンプの合間に釣りをするのもアリですね!

▼八菅ヘラ釣り場

地面は固い砂利

地面は固いため鍛造ペグがあると◎。

八菅橋河川敷の地面は硬く、多くの石が転がっています。
そのため、細いペグを使用すると破損してしまう可能性が。

そのため、テントやタープを設営する場合は、鍛造ペグを持っておくと安心です。

鍛造ペグは重く頑丈で、河原などの固い地面の場所で大活躍するペグ。
八菅橋河川敷に限らず、地面が硬い場所でキャンプをすることが多い人にはおすすめです。

ルール・マナーを守って利用しましょう

入り口付近には利用マナーを書いた看板が。

八菅橋河川敷では、主に以下のルールを守りましょう。

  • 直火禁止
  • ゴミの持ち帰り

直火禁止やゴミの持ち帰りについての看板は、河川敷の入り口に掲示されています。

ただ、河川敷を歩いていると、食品の包装紙や使用済みの焼き網などのゴミや、直火の跡を見かけることも。

直火の跡や放置されたゴミがいくつか目につきます。

キャンプをするときには、アウトドアブランドのゴミ箱を用意するのも1つの手段
ゴミ箱を用意すれば使いたくなり、ゴミを置いて帰るという発想にもなりにくいかもしれませんね。

焚き火台やキャンプ用のゴミ箱を用意して、マナーを守った利用を心がけましょう。

前述した通り、八菅橋河川敷は自由に出入りができるキャンプスポット。
チェックイン・チェックアウト時間を気にする必要がないのは、無料キャンプスポットならではの魅力ですよね。

ただし、夜遅くまで大きな声で会話をしたり、車のエンジンをかけっぱなしにしたりするのはマナー違反。
キャンプ場のように消灯時間は決まっていませんが、その分いつもよりマナーを意識した行動を心がけましょう。

緊急事態宣言中は河川敷への出入りは禁止

感染対策もしっかりしておきたいところ。

2022年2月現在、八菅橋河川敷でのキャンプやバーベキューは可能です。
しかし、緊急事態宣言中は、河川敷への出入りは禁止となっていました。

今後の感染状況次第では、再度出入りが禁止となる可能性も。

詳しい情報は、神奈川県のホームページに掲載されていますので、事前に確認しておきましょう。

新型コロナウイルスに係る河川敷への進入路の開放及び利用について
県管理河川の利用に関するお願い

お金をかけずにのんびりしたいなら『八菅橋河川敷』がおすすめ!神奈川の無料キャンプスポット

のんびりできる河川敷です。

今回は、八菅橋河川敷をご紹介しました。

八菅橋河川敷は、神奈川の無料キャンプスポットの中でも特にのんびりできる場所。
車でのアクセス良好で、急なキャンプの予定でも気軽に利用できるのも魅力です。

今回の記事を参考に、次回のキャンプの候補地にぜひ入れてみてくださいね。

▼その他の無料キャンプスポットもチェック!

コメント

タイトルとURLをコピーしました